FX専門用語集!【アイウエオABC順に紹介!】

 

どうもバカポンドです。

 

このページは、FXで使われる専門用語をまとめたページになります。

 

FXに関するわからない単語、難しい専門用語が出てきた際には、ここから検索して調べてみてください。

 

ア行

 

用語意味詳しい詳細
アルーンオシレーター(Aroon Oscillator)アルーンオシレーター(Aroon Oscillator)は、現在の為替にトレンドがあるのか?、ある場合はどのくらいの強弱なのか?を見やすく表示してくれるインジケーターである。
Ergodic oscillatorEMAを使用して相場の買われ過ぎ、売られ過ぎを判断するインジケーター。True Strength Index(TSI)と同じ機能を持つ。
ウィリアムズ%Rウィリアムズ%Rは、一定期間の最高値と最安値からなる価格変動幅の中で、直近の終値が相対的にどのレベルにあるのかを示したもの
エンベローブエンベローブは、移動平均線から派生したトレンドフォロー型のテクニカルインジゲーターです。
エルダー線(エルダー・レイ)アレクサンダー・エルダーが考案した、「エルダー線(エルダー・レイ)」は、買い圧力と売り圧力を、同じウインドウ上に表示することにより、一目で勢力の優劣を見分けることができ、売買チャンスを分かり易く表示できる、大変便利なインジケーター。
陰線「陰線」とは、始値よりも終値が低い状態で終えたローソク足(下降した状態)です。
一目均衡表一目均衡表とは簡単に言うと四つの要素からできており、転換線、基準線、雲、遅行スパン の四つの要素からできているインジケーターになります。
基準線は過去26日間との高値と安値の中間。
転換線は過去9日間の高値と安値の中間の中間。
雲はその転換線と基準線の中間値を26日先に記入したもの(先行スパン1)と50日間の高値と安値の中間値26日先に記入したもの(先行スパン2)の間を雲といいう。遅行スパンはその足の終値を26日前にさかのぼって記入したものとなります。
エンベロープエンベロープ(Envelope)とは移動平均線を一定距離の幅を開けてスライドさせたものになります。
アルパリ(Alpari)Alpariとは米国の外国為替、金属ブローカーの1つです。Alpariの最大の特徴は、信頼性の高いバックテストデータを公開している点です。
移動平均線移動平均線とは指定した期間の平均値を線でつないだもの
行って来い行って来いとは、相場が急激に上昇、下降した後、すぐに元の価格まで戻ってきてしまう現象のこと
123パターン123パターンとはトレンドラインと水平線を利用したチャートパターン基本的にはトレンド終了を示唆するサインのこと
ウィプソーウィプソーとは、移動平均線がサイクルに落ち着くことができず、逆のサインを出してしまうこと
往復ビンタ往復ビンタとはエントリーしたが相場が逆方向に動いてしまい、真逆のエントリーをするがそれも逆行してしまうという現象

 

カ行

 

用語意味詳しい詳細
強弱レシオ強弱レシオとは、日本人のチャート分析家である篠原正治氏が考案した、国産のオシレーター系テクニカル指標です。 考案者の名前を冠した篠原レシオのほかに、ABレシオとも呼ばれています。 ちなみに、レシオ(retio)には「倍率」「割合」の意味がある。
加重移動平均「加重移動平均」とは、直近の価格に近いものほど重要度を大きくして一定期間を平均化したもの。
コピートレードコピートレードとは、簡単に言うと名前の通り「トレーダーさんの口座をコピーして、自分の口座でも同じ取引が行われるように紐づける」ということ。
ケルトナーチャネルケルトナーチャネルとは、単純移動平均線(終値だけではなく、高値・安値・終値の平均値の平均移動)を中間線として、その線の上下に一定間隔のバンドを引いた合計3本の線で構成されているインジケーター。
コンバージェンスコンバージェンスとは高値が下に切り下がっている時RSIの値が上に逆行しているとき、安値が上に更新している時、RSIが下に逆行している現象のこと。トレンド転換を示唆する。
グランビルの法則グランビルの法則とは、米国のチャート分析家ジョゼフ・E・グランビル氏が考案した、買いパターンと売りパターンの8つの法則のこと。

 

サ行

 

用語意味詳しい詳細
サイクル理論
安値から安値を一つのサイクルと考える理論
差金決済FXは、取引額全てのお金をやりとりするのではなく、取引で生じた損益分のみのお金をやりとりするわけですが、これを「差金決済」と言う。
三角持ち合い三角持ち合いとは、ブレイクすると大きな利益が見込めるチャートパターンのこと
証拠金差金決済では、新規建て時に受渡金額は必要ありませんが、取引により損失が生じた場合でも決済ができるように一定額の金銭を預けておく必要があります。この預け入れる金銭を「証拠金」と呼び、証拠金を使用した取引のことを「証拠金取引」と呼ぶ。
スキャルピング短期取引で一日に何度も取引を繰り返して、利益を積み上げていく投資方法
SnakeForceMACDに似ているが、反応速度も早く、買われ過ぎ、売られ過ぎを見やすく判断できる無料インジケーター。
スプレッドスプレッドは「広さ」を表していますが、FXの場合、各FX会社が提供している「売り値」と「買い値」の差(広さ/狭さ)を意味する。
損切り損切りとは、損失を限定してリスクヘッジすることです。
サイコロジカルライン価格が何日も上昇(下落)を続けることは少ないものですが、ある期間のうち、価格が上昇した日数の割合を求めて、売買タイミングを判断するといった方法がサイコロジカルラインです。
シナリオこれからの相場の動きがどのように動く可能性があるか、自分自身で予測することをシナリオを立てるといいます。
シストレ24シストレ24とは、インヴァスト証券が提供している自動売買ツール

 

タ行

 

用語意味詳しい詳細
ダイバージェンスダイバージェンスとは、価格とオシレーター系指標(MACDやRSI等)の値が逆行する現象の事を指します。 トレンドが弱まっているのを知らせてくれるサインです。
ダブルトップ/ダブルボトム「ダブルトップ/ダブルボトム」とは、トップ(高値)を2度つけてからトレンド転換するパターンです。
蛇行インディケーター蛇行インディケーターは、前日の終値と当日の4本値(始値・高値・安値・終値)の変化率の移動平均線を算出した、ボリンジャー・バンドを改良したシステム・トレードです。
大陽線大陽線とは、相場の動きが極端に偏っている時に現れやすいローソク足です。概ね株価の5%程度以上の実体(胴体)をともなった時に、陽線であれば大陽線。
大陰線大陰線とは、相場の動きが極端に偏っている時に現れやすいローソク足です。概ね株価の5%程度以上の実体(胴体)をともなった時に、陰線であれば大陰線。
包み足包み足とは、前日の陰線、陽線とは逆に当日のローソク足の値幅を完全に包む大陽線または大陰線のローソク足の組み合わせのこと。
DeMarkerテクニカルアナリストである、トム・デマーク氏により開発されたオシレーター。SMAにて相場の買われ過ぎ、売られ過ぎを判断できる。
転換点転換点は、状態や方向が変化する転機となる地点や時点(ターニングポイント)のこと。
ドテン売買ドテン売買とは、現在のポジションを決済し、新たに逆のポジションをとることです。
トラッキングトレードFXブロードネットの自動売買システム。「リピート型手法」を使用し、細かく利益を上げることに適している、
トリプルトップ/トリプルボトム「トリプルトップ/トリプルボトム」とは、ダブルトップ/ダブルボトムと同じ考え方で、違いは高値を3度つけネックラインでは2度反転するところ。
True Strength IndexEMAを使用して、相場の買われ過ぎ、売られ過ぎを判断するインジケーター。Ergodic oscillator(EO)と同じ機能を持つ。
TradersTrustミューダ共和国を拠点を置く海外FX業者。透明性の高さを重視している。
出来高プロファイルTradingViewで一番人気、価格帯別の出来高が簡単にわかるインジケータのため、レジスタンスサポートラインを簡単に予測することができる。
トラリピトラリピとは、マネースクエアが提供する24時間自動で動き続けてくれる自動売買システム

 

ナ行

 

用語意味詳しい詳細

 

ハ行

 

用語意味詳しい詳細
はらみ足はらみ足とは、前日の値幅以内で動きそれまでの売り方、買い方が小幅な動きの中でせめぎ合っているローソク足の型のこと。
パラボリックパラボリックは、アメリカのテクニカルアナリスト「W・ウェルズ・ワイルダー氏」が1978年に考案した、SAR(スリップ&リバース)を利用したトレンド追随型のテクニカル指標である。
ハル移動平均線(HMA)ハル移動平均線(HMA)とは、ハル(Alan Hull)によって作られたインジケーターであり、特徴としては、加重移動平均を使用しているので価格変動への反応が早いということ。
パーフェクトオーダー期設定間の異なる複数の移動平均線が同じ傾きの方向で並んだ状態
ヒゲヒゲとは、高値/安値まで値が伸びたが、ローソク足が形成される前に終値まで戻っていること示す。
VIX恐怖指数S&P500を対象としてボラリティをグラフ化したもの。トレーダーの恐怖指数とも呼ばれる。
ヒドゥンダイバージェンスヒドゥンダイバージェンスは、相場が上昇しているのにオシレーター系テクニカル指標自体は下落するという現象です。
含み益含み益とは、FX で購入したポジションによって生じる、未確定の利益のことを指します。
含み損含み損とは、株式や為替などの時価が、取得した価格(簿価)を下回っているときの損失を表す。
フィボナッチリトレースメントフィボナッチラインを使用してレジスタンスラインやサポートラインなど反発ポイントを探すのに有効な手法
ペナントペナントとは、コンティニュエーションパターンということで、トレンドが継続していく際によく見られるチャートパターンです。
ヘッド&ショルダートップ/ヘッド&ショルダーボトムヘッド&ショルダートップ/ヘッド&ショルダーボトムとは、上昇トレンドや下降トレンドが終わる時に形成されるもの。
ポジションポジションとは、FXで通貨の売買を行った後、未決済で残っている通貨と数量のこと。
ボリ平氏ロンドンコーリング手法などの手法で知られ、シングルマザーにして、投資金額をもとに会社を立ち上げたプロトレーダー。
ハーモニックパターンハーモニックパターンとは、フィボナッチ数列を利用した波形のパターンになります。
ピボットピボットとは前日終値+前日高値+前日安値の平均をピボットポイント(PP)とし、PPを基準に上下に3.4本ずつ引いたもの。

 

マ行

 

用語意味詳しい詳細
マージンコールマージンコールとは、評価損が拡大して証拠金(マージン)が減少した時、言い換えれば、損失の発生によって証拠金維持率が一定レベルを下回る場合に送られる証拠金の追加入金やポジションの決済を促すための通知のこと。
メリマンの重要変化日レイモンド・メリマン氏の研究によりみつけられた相場転換が起こりやすく、相場の勢いが増しやすい日
モメンタムモメンタムとは相場の強弱を図るオシレーター系インジケータです。

 

ヤ行

 

用語意味詳しい詳細
余剰金「余剰金」とは、 取引口座に入れている、自由に使えるお金のこと。
陽線「陽線」とは、始値よりも終値が高い状態で終えたローソク足(上昇した状態)です。

 

ラ行

 

用語意味詳しい詳細
利食い利食いとは、ポジションを決済して、利益を確定させる取引のことを指します。反対売買によって、利益を確定することをいう。
レバレッジレバレッジとは、預け入れる資金の数倍~数十倍の金額の取引を可能にした仕組みです。「てこの原理」をイメージすると、理解がしやすくなる。
ロスカットロスカットとは、含み損が大きくなりすぎた場合に自動的に行われる「強制決済」のことをいいます。
ロンドンコーリング手法ボリ平氏考案の取引手法。イフダンOCOを使用した自動売買的FXトレードの手法。
リターンムーブリターンムーブとは、別名レジサポ転換と呼ばれており、今までレジスタンスラインとして機能していたラインがブレイク後サポートラインになり、今までサポートラインとして機能していたラインがブレイク後レジスタンスラインとして機能すること

 

ワ行

 

用語意味詳しい詳細

 

アルファベット順

 

A

 

用語意味詳しい詳細
ASI(累積スイングインデックス)ASI(累積スイングインデックス)は、価格の前の最大値と最小値からの信号を取得し、通常の変動の指標としてウェルズ・ワイルダーによって作成されたインジケーターである。
ADXADXはモメンタム指標の一種です。一般的にマイナス/プラスの方向性指数(DMI)と組み合わせることで、上昇/下落のトレンドを把握することに用いられる。
A-book「A-book」とは、顧客から受けた注文をインターバンクへ流す(銀行間取引を行う)という、B-bookと比べて、透明性が高いスタイルの業者。

 

B

 

用語意味詳しい詳細
B-bookB-bookとは、A-bookとは違い、顧客から受けた注文をインターバンクへ流さずに業者側で処理している。
Breakout PANCA EAGLEBreakout PANCA EAGLEとは、1日ごとの指定期間の高値と安値にゾーンを自動で引いてくれるインジケーター
BODSORBODSORとは、Blacksunさんが開発したRCIを3本使用したエントリー手法の補助をしてくれるインジケーター

 

C

 

用語意味詳しい詳細
CMO(シャンデモメンタムオシレーター)CMO(シャンデモメンタムオシレーター)とは、Aroon Oscillatorを開発したことでも有名な「Tushar S. Chande(トゥーシャー・シャンデ)氏」が、1994年に発表したオシレーター系のインジケーターであり、RSIと異なる点は、トレンドの強弱も確認することができること。
Currency StrengthCurrency Strengthとは通貨強弱を表しているチャートのことです。href=" https://fx-tradesite.com/currency-strength-2280">
Currency Strength ChartCurrency Strength Chartとは、各通貨の強弱を棒グラフで表したものが見れるサイト。href=" https://fx-tradesite.com/currency-strength-chart-2283">
Currency Meter IndicatorCurrency Meter Indicatorとは、通貨の強弱を表にしてくれるインジケーター
CCI-alert_mtfCCI-alert_mtfとは、様々な時間軸のCCIを表示させることができるインジケーター

 

D

 

用語意味詳しい詳細
DMIDMIとはRSIなどを開発したワイルダー氏が、市場の状態を見極めるために考案した指標である。
DAMIANI(ダミアーニ)DAMIANIとは、現在の相場がレンジ相場なのか、トレンド相場なのかがわかるインジケーター

 

E

 

用語意味詳しい詳細

 

F

 

用語意味詳しい詳細
fxr sr zonesfxr sr zonesは簡単に自動でゾーンを引いてくれるインジケーターのことをいいます。
Forex CopierForex Copierとは簡単に言うとMT4のトレードを他のMT4口座に自動でコピーすることができるソフトになります。
FOMC政策金利FOMC政策金利とは、Federal Open Market Committee(連邦公開市場委員会)の略で、年に8回アメリカの金融政策を決定する話し合いで決められる短期的な金利調整のこと。

 

G

 

用語意味詳しい詳細
GMMAGMMAとは複合型移動平均線と呼ばれており、12本の移動平均線を用いたトレンド系のインジケーターになります。
短期線と長期線に分かれており、短期線が3.5.8.10.12.15、長期線は 30.35.40.45.50.60の、移動平均線12本を用いた分析ツールになります。

 

H

 

用語意味詳しい詳細

 

I

 

用語意味詳しい詳細
IronFXIronFXは2010年に設立された、海外FXブローカーになります。レバレッジが最大500倍、追証0でスプレッドも狭いというとてもスペックが高いFX業者なので、とても人気がありましたが、過去に何度も問題を起こしているFX業者でもあります。

 

J

 

 

K

 

用語意味詳しい詳細

 

L

 

用語意味詳しい詳細
LRL(linear Regression line)LRL(linear Regression line) とは、回帰分析を元にしたインジケーター、価格というのはランダムな値動きをしますが、そのランダムな動きを統計学的にどちらに動いているか表しているものがLRLになります。

 

M

 

用語意味詳しい詳細
MACDMACD(移動平均収束拡散手法)はMACDとMACDシグナルという2本の移動平均線を使用することで、買いと売りを判断するインジケーターです。
MAM(マム) MAM(マム)とはMulti Account Managerの略で、自分のアカウントとトレーダーのアカウントと紐付けて、トレード内容がそのまま反映されるものを言います。
MCMCとはMACDを2本の線で表すことができるインジケーターです。

 

N

 

 

O

 

用語意味詳しい詳細
OneClickClose(ワンクリッククローズ)OneClickCloseとは取引中のポジションを全決済することができるインジケーターになります。

 

P

 

用語意味詳しい詳細
PZ_HarmonicTrading無料で使用できるハーモニックパターン検出インジケーターのこと

 

Q

 

用語意味詳しい詳細

 

R

 

用語意味詳しい詳細
Roger Templeton NY(ロジャーテンプルトン)「Roger Templeton NY(ロジャーテンプルトン)」は、海外の会社でFX取引や、仮想通貨取引も取り扱いがある取引業者。
RSIRSI(相対力指数)は、一定期間の相場における値幅を利用して、値動きの強弱を数値で表したもの。
買われ過ぎなのか売られ過ぎなのかを判断するオシレーター系インジケーターです。
RCIRCI(Rank Correlation Index) とは順位相関係数と呼ばれ、一定期間の日付の順位と価格の順位を使い、その相関性を-1から+1の数値として表示させることにより、トレンドの勢いと過熱感をはかるオシレーターインジケーターになります。

 

S

 

用語意味詳しい詳細
Shine(シャイン)Shine(シャイン)とは、無料で利用することができる自動売買ツール

 

T

 

用語意味詳しい詳細
TMATMA(三角移動平均)とは、2重に平滑された移動平均線のこと
TMA+CG mladen2TMA+CG mladen2とは、TMA(三角移動平均線)をベースに上下にラインを引き、そのラインにタッチした時にアラートが鳴り、外に出た後バンドの中に戻ってきたときに矢印が出るインジケーター
TradingViewTradingViewは、最近人気が出てきた新しいチャートツール、見やすさと豊富なインジケーターが魅力
TickChartMakerTickChartMakerとは、その名の通りティックチャートを表示することができるインジケーター

 

U

 

用語意味詳しい詳細

 

V

 

用語意味詳しい詳細
VLDMIインジケーターVLDMIインジケーターとは、ある一定の期間の計算結果を出力するものではなく、ボラティリティ(価格変動)を考慮し期間を変動させながら表示するインジケーターです。

 

W

 

 

X

 

用語意味詳しい詳細
XIT FibsXIT Fibsとは自動でフィボナッチリトレースメントラインを引いてくれるインジケーターです。

 

Y

 

 

Z

 

用語意味詳しい詳細
ZigZagZigZagとはカスタムインジケーターの1つで、高値と安値を自動で引いてくれるもの。