FXトレードで勝てるシナリオとは?必要な理由から立て方や書き方を解説!

本日はトレードで勝てるシナリオとは?というテーマでお話ししていきたいと思います。

シナリオを考えることは上級トレーダーがやっているイメージがありますが、上級者でなくても考えた方がいいです。

  • なぜシナリオを考えた方がいいのか?
  • シナリオはいくつ考えた方がいいのか??
  • 具体的な考え方が知りたい!!

などなど詳しく解説していきますので最後までご覧くださいませ。

 

FXトレードにおけるシナリオとは?

 

FXトレードにおいてのシナリオとは、未来の相場の動きを予測することを指します。

 

例えばレンジ相場をブレイクした後に、これからどのような波形をして上昇していくのか?

押し目を作りながら上昇していくのか??一気に急上昇していくのか??

それともブレイクはダマしでレンジ相場に戻るのか??

などなどこれからの相場の動きがどのように動く可能性があるか、自分自身で予測することをシナリオを立てるといいます。

 

シナリオを自分で考えて取引するか、何も考えずになんとなく取引するのでは成長が全然違います。

勝ち続けるFXトレーダーになり続けるためには、これから相場がどのようにして動いていくか?を予測するのはとても大事です。

 

初めは間違えていても構いません。

しかしシナリオと違う方向に動いたとき、なぜシナリオ通りにいかなかったか?を考えることで、あなたの経験になっていきます。

トレードのロジックなどは勉強すれば理解できるようになりますが、こういったことは経験から身につくことが大きいです。

この記事をきっかけにシナリオを考える癖を付けるとよいです。

 

FXでエントリーする前にシナリオが必要となる理由は?

 

FXでエントリーする前にシナリオが必要になる理由はいくつかあります。

  • 今エントリーする根拠が明確になるため
  • シナリオ通りにいかなかったとき利確損切の判断が冷静にできるため
  • シナリオを思い描いてトレードをすることで成長が早くなるため

以上の3つになります。詳しく解説していきますね。

 

今エントリーする根拠が明確になるため

 

トレードをする上でなぜここでエントリーするのか??

を明確にするのはとても大事なことになります。

なんとなく上がりそうだから、下がりそうだからという理由や、移動平均線がクロスしたから、RSIの値が○○以上だからという理由だけでエントリーをしてしまうのは、あまりよくありません。

確かにこれから下に行きそうなどといったことを考えるのはとても大事です。

 

しかしどのラインで反発し、どうゆう波形で相場が動いていくか??を予想することで、エントリーのタイミングが明確になります。

またエントリーのタイミングが明確になり、しっかりと待つことができれば勝率をアップさせることが可能になります。

エントリーの根拠をしっかりと持つためにもシナリオを考えることは重要になるのです。

 

シナリオ通りにいかなかったとき利確損切の判断が冷静にできるため

 

どんなに優秀なトレーダーが未来のシナリオを考えたとしても、それが100%当たるわけではありません。

未来の相場は誰もわからないためです

未来のシナリオは、あくまで過去の相場の傾向からこれからの予測をしているだけに過ぎないので絶対に的中するとは限らないのは当たり前です。

未来の相場は誰にもわからないなら予測をしても無駄なのでは??

そう思った方もいるかもしれません。

 

しかしそれでもシナリオを考える必要があります。

それはシナリオ通りにいかなかったとき、利確や損切の判断ができるからです。

これから下に下がると予想したけど、直近高値を更新したら下向きではないな・・

じわじわ下がっていくと予測をしていたが急降下して反発が見られたから利確しておこう

など、シナリオ通りにいかなかったとき冷静な判断ができるようになります。

 

FXの世界ではエントリータイミングよりも、その後の利確損切の方が大事だと言われています。

シナリオを自分なりに考えておくことで、その判断が冷静にできるようになります。

いつもポジションを持つとビビッてしまい、その後の決済ができなくなってしまう・・

そういった癖がある人ほどシナリオは考えていた方がいいですね。

 

シナリオを思い描いてトレードをすることで成長が早くなるため

 

シナリオを常に思い描いてトレードをすることで成長のスピードが格段に速くなります。

常日頃からシナリオを思い描いていれば、シナリオ通りに動いたらやっぱり根拠があったからだ!と自信につながりますし、シナリオ通りに動かなかった場合は、なぜシナリオ通りに動かなかったのか??などと考える癖ができるためです。

 

FXトレードで大事なことはなぜうまくいったのか??なぜ思い通りに動かなかったのか??このエントリーは本当によかったのか??

など反省、分析をして、次からのトレードに生かしていくことが非常に大事です。

これをしないと、たまたま資金がプラスになることはあっても、何年何十年も勝ち続けるトレーダーになることは難しいです。

 

地味な作業ですが、日々修正と改善をしていくことで投資というのは、ようやくプラスになっていくものです。

自動売買で毎日+100pips、このロジックを使えば月利500%!といった情報に振り回されずに、コツコツと相場分析をしていくのが一番の近道です。

ぜひ頑張っていきましょう。

 

シナリオの書き方や立て方について

 

シナリオの立て方ってどうすればいいの??

そう思った方も多いかもしれませんね。

シナリオの立て方に正解不正解はありません。

ただ僕が取引する際に考えているシナリオを例に出していきたいと思います。

 

ただこれが正解なわけではないですし、自分で考えてその後どのようにして動いたかを確認するのがとても大事なことですのでこの機会に覚えていきましょう。

 

チャネルを利用した立て方

 

 

まず写真のように下降の平行チャネルを引いたとしましょう。

下降トレンドがこのような場合上のチャネルラインにタッチで売りエントリーという方法もありますね。

チャネルが形成されているとき、高値切り上げ、安値切り上げ、チャネルライン上にブレイクがない限りは相場は下の勢いが強いと考えます。

 

ここまでは簡単なのですが、問題はチャネルラインブレイク後どんな動きをするのか??ということです。

今回の場合、チャネルラインを上にブレイクしたため下降状態からやや上向きか・・??

という予測を立てます。

 

さらに僕なら赤線の直近高値でロールリバーサルが起こったときに上向きか・・?

と予想を立てます。

実際のチャートではロールリバーサルは起こっています。なのでここで買いエントリーをするかもしれません。

ただ懸念点としてロールリバーサルが起こる前に小さなレンジを作り、大陰線で下降してきたため、下降の勢いも強くみられるので、買いエントリーをするならLot数を下げてエントリーします。

 

この場面でしたらロールリバーサルで上昇後再び下降していますね。

買いエントリーは、赤線を下に抜けた時点で自分の思っていたシナリオとは違うため損切りします。

 

その後下降していきますが、僕なら右下のチャネルラインで反発するか??を見ていきますね。

このチャートの先は、チャネルライン反発後高値切り上げ安値切り上げ、ロールリバーサルが起これば上向きだと判断し、買いエントリーをします。

安値切り下げ、高値切り下げをしながらダラダラ下がる動きをしていたら売りエントリーをしようかな。という感じです。

 

ダウ理論を利用した立て方

 

ダウ理論を使用する場合のシナリオの立て方は、ダウ崩壊後を見るとよいですね。

まず上昇のトレンドラインが引けるため引いておきましょう。

その後矢印で示した通り高値切り下げ、トレンドラインブレイクが起こり上向き→レンジやや下向き?と判断します。

その後、安値切り下げネックライン抜けが起こり、戻し高値で反発しました。

これで相場の向きは下へ強いなという判断を僕はします。

なので戻し高値で反発し下に下がったところで、売りエントリーで入ります。

この先の未来はレンジ相場を形成しているため、このボックスレンジをどちらに抜けるかで、上に抜けそうなら利確、下に抜けたら売り増しするかの判断をします。

 

あくまでこれは僕の思い描いているシナリオであってこれが正解なわけではないため、あなたも自分自身で考えてみるとよいですね。

 

シナリオは1つよりも複数あった方がいいのか?

 

シナリオは複数考えた方がいいのか??

という疑問もあるかもしれません。

 

もちろん複数のシナリオがあった方がいいと思います。

 

このラインを抜けたら買いでエントリー、このラインを下に抜けて高値も切り下げていたら売りエントリーなど売りと買い両方のシナリオがあるといいと思います。

また、シナリオ通りにいかなかったときにどのラインで損切をするか??

などもイメージしておくと損失を最大限まで減らすことができますね。

 

初めは大変だと思うためシナリオは1つでいいと思いますが、慣れてきたら複数のシナリオを考えることができればいろんな相場状況で利益が出せるトレーダーになると思います。

 

シナリオが必要な理由や立て方に関するまとめ

 

  • FXトレードにおいてのシナリオとは未来の相場の動きを予測すること。

  • シナリオを考えることでエントリーの根拠が明確になり、利確損切の判断が冷静にできるようになる。

  • 何も考えずにトレードをするのと、きちんとシナリオを立ててエントリーするのでは成長速度が格段に変わってくる。

  • シナリオは複数あった方がよいが、シナリオ通りにいかなかったときにどこで損切するか考えておきましょう。

  • シナリオに正解はないため、積極的に考えて、後で分析をするのが勝ち組トレーダーになる近道

 

いかがでしたでしょうか??

未来のシナリオを立てるということは初めは難しいかもしれませんが、慣れてくれば自然にシナリオを考える癖ができると思います。

ぜひこの機会に今まで考えていなかった方はシナリオを考えてみてください。

 

FX TRADEが独自に開発した「FXオリジナルインジケーター」を無料でプレゼント致します!

巷のネット上に存在しないインジケーターから、他では高額な金額で販売されているようなインジケーターも無料で配布する期間限定のプレゼント企画になります。

この機会に是非、手にとってみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、バカポンドです! FX TRADEでは、主にFXに関する情報を発信しており、投資に興味を持っている人、あるいは、既に投資を始めているユーザーのためになるコンテンツを作成しています。また、オリジナルで開発したインジケーターや自動売買ツールなども提供してますので、是非活用してみてください。どうぞよろしくお願い致します!