フィボナッチリトレースメントを活用したFX手法とは?引き方や数値の考え方もご紹介!

本日はフィボナッチリトレースメントを活用したFX手法について記事を書きました。

フィボナッチって知ってはいるけども、正しい引き方や使い方がわからないという方も多いと思います。

 

フィボナッチリトレースメントは、高値と安値に引いて61.8が反発しやすい。

こういった印象が強いのも事実です。

 

しかし、こういった考え方は間違いではないのですが、本質的な使い方とは少し違います。

 

そのため今回はフィボナッチリトレースメントの正しい使い方やFX手法について書きましたので最後までご覧ください。

 

フィボナッチリトレースメントとは?引き方や数値の設定もご紹介!

 

フィボナッチリトレースメントとは、高値安値の間の値幅をフィボナッチ数列を使い表したものをいいます。

 

フィボナッチって聞いたことはあるけども、高値安値を結んでなんの意味があるのだろうと思ったことはありませんか?

 

私はあります。

 

フィボナッチリトレースメントなんて引いても大した意味はないだろうと思っていました。

 

フィボナッチのラインなんかよりも過去に反発しているラインの方が重要だと思ってましたが、フィボナッチは考え方を変えれば非常に優秀です。

 

フィボナッチリトレースメントのメリットは3つあります。

 

・黄金比的に人間が意識してしまうラインのため有効的

・フィボナッチのどのラインで反発したかでトレンドの強さが分かる

・フィボナッチとレジスタンスサポートラインが重なったときは強いラインとなる

 

この3つです。

 

ただ61.8が反発しやすいとか、それだけではありません。

 

フィボナッチのラインにタッチで反発するなどといった単純なことではなくて、環境認識など相場の本質的部分を分析するのにフィボナッチリトレースメントは非常に有効的ですのでぜひ覚えましょう。

 

下ではフィボナッチのメリットについてもっと詳しく解説していきましょう。

 

まずはさっとフィボナッチの引き方を解説していきます!

 

フィボナッチリトレースメントを引く際はMT4の「挿入」→「フィボナッチ」→「リトレースメント」で出すことができます。

 

そこでこのように高値と安値をむすびます。

 

上の写真の場合下降しているため、高値から安値に向かって引きます

 

もし上昇している場合は安値から高値に向かって引きます

 

数値は0・0.236・0.382・0.5・0.618・0.764・100を設定しておきましょう。

 

これがフィボナッチリトレースメントの基本的な引き方、数値の設定になります。

 

フィボナッチリトレースメントを見る本来の意味は

「どこまで戻すのか」

というのを見るものになります。

 

あくまで反発するポイントとかではなくて、どこまで戻すかの値幅の目安として使うのが正しい使い方になります。

 

ここの認識が間違えているとフィボナッチリトレースメントを引く意味がなくなってしまうので必ず覚えておきましょう。

 

なぜフィボナッチリトレースメントを活用すべきなのか

 

なぜフィボナッチをリトレースメントを引くべきなのかについても解説していきます。

 

黄金比的に意識されやすい幅のため有効的

 

まずフィボナッチとは黄金比を元にしているため、人間が無意識に意識してしまう値幅になります。

 

あなたが、売り買いされているきれいなトレンドだと思ったところにフィボナッチをあてると、だいたいフィボナッチの値幅で反発しているはずです。

 

フィボナッチで反発しているものをきれいだと無意識に思ってしまうのです。

そのためフィボナッチの数値が反発しやすいというのはあながち間違いではありません。

 

しかし、常に相場はきれいな売り買いの波があるわけではないのでフィボナッチのラインにタッチで必ず反発するわけではありませんが、意識されやすいポイントであることは間違いありません。

 

トレンドの強さが分かる

 

フィボナッチは戻しの位置でトレンドの強さが分かります。

 

上の写真でどちらがトレンドが強いかというと左の方が戻しが弱い(買いが弱い)ためトレンドが強いということが分かります。

 

38.2で反発したから強い下降トレンドというわけではないのですが、直近安値を抜けてトレンド継続になったときに戻し目の位置によってトレンドの強さが分かります。

 

戻しが強い方が買い勢もいるとみることができますので、トレンドの強さを見るのにもフィボナッチをぜひ活用しましょう。

 

フィボナッチとレジサポラインが合ったら強いラインになる

 

3つ目はフィボナッチとレジスタンスサポートラインが合わさったらかなり強いラインとなります。

 

フィボナッチだけではなくてほかのラインなどと組み合わせることによってラインは強くなります。

 

根拠が多いほど多くの人が意識しているポイントと見ることができますので、フィボナッチだけで判断するのではなくて他のラインなどの根拠と一緒に判断できるようになるといいですね。

 

フィボナッチリトレースメントを使ったFX手法をご紹介!

 

フィボナッチリトレースメントを活用したFX手法をご紹介していきます。

 

フィボナッチ+ダブルトップ・ダブルボトムを見る手法

 

まず1つ目はフィボナッチとチャートパターンを見る手法になります。

 

トレンドの高値と安値にフィボナッチを引きます。

最初に23.6で反発しました。

 

まだこの時は売りが少ないため、まだ上昇トレンド継続と見ます。

 

しかし、直近高値を少し抜けたものヒゲをつけて反発しダブルトップを作りました。

 

そこからネックラインと23.6ラインを抜けて売り、押し安値ラインと38.2ラインを抜けて売りといった手法になります。

 

フィボナッチ+ダウ理論+チャートパターンを活用した王道の手法になります。

 

ここでのポイントはダブルトップのネックラインが23.6と戻しがそこまで強くない点です。

 

ダブルトップを見るときに61・8まで戻すなど、戻しが強すぎると山が2つ出来てもダブルトップとしてあまり機能しないことが多いです。

 

23.6~38.2くらいをネックラインにして、ダブルトップを作るパターンの方がネックラインが意識されやすいです。

 

戻しの目安としてフィボナッチを活用するのが、フィボナッチリトレースメントの正しい使い方ですね。

 

トレンド継続を狙った順張り手法

 

次にトレンド継続を狙った順張り手法を見ていきましょう。

 

まずは上昇波にフィボナッチを引きます。

23.6~38.2の間で押し目ができていますね。戻しが弱いため買い優勢と見ることができます。

 

そこで直近高値を上に抜いたら買いです。

 

さらに直近高値だったライン付近でロールリバーサルが起きています。

 

そのため斜めに引いたチャネルラインを上に抜けたら買いです。

 

もしも23.6~38.2の間で押し目を作るのではなくて、61.8まで戻してから直近高値を抜きに来た場合は売りも強いため期待値が下がります。

 

そういった場合は高値を抜けた後ロールリバーサルのみを狙うなど硬いポイントのみに絞っていくといいですね。

 

このようにフィボナッチリトレースメントを使うとどこまで戻したかの目安ができてトレンドの強さをみることができるためおすすめです。

 

しっかりと未来のシナリオを立てたうえで取引をしていくのが大切です。

 

フィボナッチリトレースメントを活用する際の注意点とは?

 

フィボナッチリトレースメントを活用する際の注意点は

「フィボナッチのラインを信用しすぎないこと」

です。

 

フィボナッチ61.8も38.2も意識されやすい価格ではあるのですが、フィボナッチはあくまでも目安として考えてください。

 

決して61.8タッチのみでエントリーとかはしないようにしてください。

 

あくまでもフィボナッチリトレースメントは値幅の目安として考えて、ほかの根拠と組み合わせることで効果を発揮します。

 

このことを忘れないでください。

 

まとめ

 

フィボナッチリトレースメントは黄金比から導き出した値幅の目安になります。

 

61.8・38.2・50ラインが反発しやすいのはもちろんなのですが、本質的な使い方は戻しの強さを見るものになります。

 

フィボナッチの戻しの強さを参考に波形の判断をしたり、トレンドの強さを判断するのがフィボナッチリトレースメントの本当の使い方です。

 

ぜひ根拠の1つとしてフィボナッチリトレースメントを取り入れてみてください。

 

当日の高値安値でフィボナッチを自動で引いてくれるインジケーターを無料プレゼント中ですのでこちらもチェック!!

FXで高値安値からのフィボナッチでのラインでサインが出るインジケーターとは?使い方や設定方法、無料ダウンロード方法を解説!

2019年6月26日


おすすめコピートレード・MAMをご紹介!



あなたはこんなお悩みをお持ちではありませんか?



☑自動売買の運用をしては溶かしては、また他のツールを探す。を繰り返している

☑コピートレードを始めてみたいけども、どれを選んだらいいかわからず悩んでいる

☑何もしなくても稼げる収入の柱がもう一つ欲しい

☑高額な自動売買を購入したが結局稼げなかった

☑資産を銀行に預けるのではなくて、有効的に投資していきたい


上記のようなお悩みが1つでも当てはまるようでしたら、「AutomaticTrade」がおすすめです。

年利1000%以上出ている取引をあなたの口座で複数個コピーすることができます。

成績などもすべて公開してますので、まずはご覧ください。

 

実際のフォワードテストの成績で完全放置でこれだけの成績が出ています!


   
Automatic Trade 従来のコピートレード
トレード数


600種類以上あるトレードの中から厳選されたトレードの中から好きなものを複数選べる

×
トレードは1つのため選べない
利用料金
どんなに利益が出ても月19,800円

月の利益の30~40%が相場。10万利益がでたら3~4万、100万なら30~40万
自由度の高さ


出金・停止がいつでも行えて手動で決済ができる。各トレードごとにロット比率も変更可能

× 出金も停止も制限がある。さらにLotの比率なども変更不可

データの信頼性
信頼性の高いフォワードテストの結果を公開している


MT4のスクショでの結果のみしか公開されておらず、実際に利益が出ているのかわからない

収益性


1年で1000%以上の利益が出ているものや平均月利20~30%のものもある


フォワードテストの期間が短いものが多いため、今後利益が出続けるか不安



Automatic Tradeは安定した利益が出せるように、600種類以上のトレードの中から本当に勝てるトレードを厳選して選び、その中から好きなものを複数個コピーするという最新のコピートレードです。

トレードを選択してコピーが始まれば後は何もしなくても口座残高が増えていきます!


 

FX TRADEが独自に開発した「FXオリジナルインジケーター」を無料でプレゼント致します!

巷のネット上に存在しないインジケーターから、他では高額な金額で販売されているようなインジケーターも無料で配布する期間限定のプレゼント企画になります。

この機会に是非、手にとってみてください!

[/cta_in]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、バカポンドです! FX TRADEでは、主にFXに関する情報を発信しており、投資に興味を持っている人、あるいは、既に投資を始めているユーザーのためになるコンテンツを作成しています。また、オリジナルで開発したインジケーターや自動売買ツールなども提供してますので、是非活用してみてください。どうぞよろしくお願い致します!