MACDとは?FXでの使い方からMT4での設定や見方を解説!

 

どうもバカポンドです。

 

FXで値動きを予測するための分析手段は、ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析に分かれます。

 

ファンダメンタルズ分析」・・・経済指標や要人発言などに重きを置き、相場の流れを予測する分析手法です。

テクニカル分析」・・・ロウソク足等のチャートを使い時系列に沿って過去の価格変動から、将来の値動きを予測します。

 

チャートの中にはリーマンショックなどの過去に起きた大暴落や大暴騰など、全ての事象が織り込まれていますので、その分析は大変重要な作業となります。チャート分析する上で助けになるテクニカル指標は沢山ありますが、FXを始めて間もない人でも必ずと言って良いほど一度は組み込むインジケーターが移動平均線です。

 

その移動平均線を元にした発展形とも言えるインジケーターが「MACD」です。

そのためここからは、「MACDについて使い方や設定方法」を説明させて頂きます。

 

MACDとはどんなインジケーター?

 

 

MACD(ムービングアベレージ・コンバージェンス・アンド・ダイバージェンス)一般的には「マックディ」と呼ばれます。
日本語で言いますと「移動平均収束発散法」という名前がついています。

移動平均線は一般的には、SMA(単純移動平均)を使う人が多いですが、価格変動に対する反応が遅くなる傾向が見えます。

MACDは、SMAより価格変動の反応が早いEMA(指数平滑移動平均)から構成されます。

簡単に言いますと、12日間EMAと26日間EMAが付いたり離れたりする動きをサブウインドウ上にグラフとして表したものです。

その為、オシレーター系指標ではありますが、トレンド系指標の要素も併せ持っているインジケーターです。

MACDの値は、日足12日EMAから26日EMAを差し引いた値を使うのが一般的です。

そして、MACDそのものの移動平均線(9日間)を表示させたラインをシグナルとして使います。

シグナルラインはMACDの移動平均9日という性質上、より緩やかなラインを描きます。

また、オシレーター系指標は振動の大きさを表しますので、「下限0、上限100」等と設定して使うインジケーターが多いですが、MACDは「0」を中心値としたグラフで描画されるチャートです。

MACDのゼロ位置というのは、ロウソク足に12日EMAと26日EMAを表示させると分かり易いですが、12日EMAと26日EMAが交差する位置を意味します。

 

ゼロ位置より上は上昇相場を意味し高値圏となります。
ゼロ位置より下は下落相場を意味し安値圏となります。

 

MACDをMT4で設定する方法とは?【数値設定について】

 

MT4にデフォルトで組み込まれているMACDは、パラメーターとして12日EMAと26日EMA、そしてシグナルは9日の一般的に使われている数値が入れてあります。

数値を変えて、ご自身で使い易い値を試されてみるのも良いと思います。

MT4にデフォルトで組み込まれているMACDは、ラインではなくヒストグラムで表示されます。

ヒストグラムをラインに変更する方法は、MT4の表示からナビゲーターを選択し、ナビゲーターウインドウが現れましたら、組み込まれているインジケーターの一覧が表示されていますので、MACDを見つけ右クリックしてリストを表示させます。

リスト内に修正(M)が御座いますので、左クリックをして下さい。

MetaEditorが起動いたしますので、左側ウインドウ内のindicatorsから、MACD.mq4をダブルクリックしてスクリプトを表示させます。

スクリプト内の36行目に「HISTOGRAM」と書かれている部分を「LINE」に変更しツールバーに有るコンパイルをクリックして「MetaEditor」を閉じますと、MT4上のMACDはライン表示になります。

 

FXでのMACDヒストグラムの使い方や見方を解説!

 

 

ヒストグラムは、MACDからシグナルを引いた値を柱状グラフにしたもので、棒の長さが増えたり減ったりすることで、MACDとシグナルの間隔を表します。

ヒストグラムが、ゼロ位置を下から上に超え場合は、MACDがシグナルを超えた場合と同義ですので、ゴールデンクロスとなり、ゼロ位置を上から下に抜けた場合はデッドクロスとなります。

また、ヒストグラムはMACDよりも先行して表示されますので、ヒストグラムが底打ちや頭打ちで棒が縮み始めた時にトレンド転換と見極め、その手助けになるインジケーターです。

ヒストグラムの棒が最大限伸びて頭打ちしたところでショートを入れれば、MACDのデッドクロスよりも早い位置で売ることが出来ます。

 

FXでMACDを使うメリットとは?

 

ヒストグラムの説明でも書きましたが、売買サインは早めに出てきますので、トレンドの流れに乗れた時は効果を発揮します。

逆を言いますと、レンジ相場やボックス相場では、ダマシに会い易いのでその辺の判断は大変難しく、MACDのみでのポジション取りを決めることはしない方が良いです。

 

MACDに関するまとめ

 

MACDは知名度も高く、世界中のFX参加者の多くの人々が使っているインジケーターです。

その為、実際の相場に影響を与えることもあり、2本のラインとヒストグラムを見るだけで、初心者でもポジション取りの判断をする手助けとなる、大変便利なインジケーターです。

ただ、値動きの小さいレンジ相場やボックス相場には弱い傾向があり、ダマシに合う危険性があります。

そのため、RSIなど他のオシレーター系インジケーターでカバーして使いますと、効果が有るかと思います。

 

FXオリジナルインジケーターを無料プレゼント!!

期間限定!!

〜受け取りはお早めに!〜

 

FX TRADEが独自に開発した「FXオリジナルインジケーター」を無料でプレゼント致します!

巷のネット上に存在しないインジケーターから、他では高額な金額で販売されているようなインジケーターも無料で配布する期間限定のプレゼント企画になります。

この機会に是非、手にとってみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、バカポンドです! FX TRADEでは、主にFXに関する情報を発信しており、投資に興味を持っている人、あるいは、既に投資を始めているユーザーのためになるコンテンツを作成しています。また、オリジナルで開発したインジケーターや自動売買ツールなども提供してますので、是非活用してみてください。どうぞよろしくお願い致します!