FXには海外証券口座と国内証券口座がある?海外の業者と国内の業者の違いやメリットとデメリットを解説!

 

どうもバカポンドです。

 

FX取引きでお金を稼ぎ自由な生活を手に入れるためには、まず口座開設をしなければいけません。

日本だけではなく、海外でも多くの会社がFXを提供しています。

日本の証券で口座開設をするのか?それとも海外の証券で口座開設をするべきなのか?

日本でFX取引きをしている人の中でもどちらにするか分かれます。

そこで日本の証券口座、海外の証券口座のメリット、デメリットを紹介します。

最も優れているオススメの証券口座も記事最後にて紹介します。

 

目次

FXには海外口座と国内口座がある!

 

FXには海外口座と国内口座があり、それぞれに特徴があります。

インターネットの発達により海外に口座を作ることも簡単になったのがポイントで、より自由な稼ぎ方を目指して海外に口座を作る人も珍しくなくなっています。

国内業者よりも海外業者の方が数が多いため選択肢を増やす上でも大きなメリットになります。

また、海外口座と国内口座では税に関する枠組みが違うなど、稼ぐ上で重要な内容が含まれています。

どちらが一方的に有利、不利ということはないため、内容を深く知った上で自分で選択することも大切になっているのです。

 

海外口座と国内口座の違いとは?

 

海外口座と国内口座では適用される法律が異なります。

国内口座は日本の法律に従ってさまざまな仕組みを整える必要があります。

日本の金融に関する法律は海外の法律に比べてきびし目になっていて、その分自由度も下がる傾向があるのがポイントです。

しかし、規制が厳しい分安全性が高い他、同じ国内だからこそサポートを受けやすい面があります。

一方で、海外口座はさまざまな国に口座を開くことが可能で、法律も口座のある国の規定に従う必要があります。

金融規制がゆるい国もあるため、それだけ取引の自由度をあげることができるのです。

日本では考えられないような高レバレッジの取引が可能なケースや、自動売買のツールの利用などサービス面で充実していることがあるのもポイントです。

また、海外取引と国内取引ではFXの税の適用方法が異なっており、収入が高いほど海外の方が税が高くなる可能性があるなど差がでてきます。

収入が低い場合は国内口座の方が化税率が高くなる場合もあるため、収入を増やしたい場合はしっかりと税について知ることは重要になってくるのです。

 

海外口座のメリットとデメリットは?

 

日本口座がある中で海外口座を活用するメリット、デメリットをご紹介します。

 

海外口座を使うメリット①日本口座と規制の基準が違う

 

海外口座の主なメリットなるのが国内口座との規制の違いです。

さまざまな国でFX取引を行う企業があるのがポイントで、それぞれの国に従った規制が適用されることになります。

日本口座と比べて規制がゆるい国は珍しくなく、ハイレバレッジで短期間で収益をあげたい場合や、各種オプションなどの選択肢を大幅に広げる面で大きなプラスになります。

 

海外口座を使うメリット②税金が安いことがある

 

海外口座と国内口座では適用される税金に違いがあり、海外口座の方が税金が安くなる場合があります。

これは国内口座の税に申告分離課税が適用されるからです。

申告分離課税は一律で20.315%の計算になるため、収益が少なくても20%程度の税金がとられる場合があります。

海外口座の場合は総合課税と累進課税の組み合わせになっていて、収入が増えるほど税率が上がる仕組みになっています。

課税所得が420万円になるまでは海外口座の方が税金が安くなる計算になるのです。

税率は改定されるため最新の情報に従う必要がありますが、収入が低い場合は海外口座の方が税金が安く済みます。

また、雑所得の控除の関係で海外口座を利用しても国内口座を利用しても違いがない範囲も存在します。

 

海外口座を使うメリット③サービスが充実したFX業者が多い

 

FXは海外を中心に発展していて、日本の参入は比較的遅かったのがポイントです。

そのため、海外口座の方がサービス開発の競争は激しく、自動売買ツールの無料利用が可能な口座があるなど国内口座よりも充実する傾向があります。

もちろん、国内でも充実したサービスが売りのFX業者などはありますが、海外口座の充実がスタンダードになりがちなことにも理解が必要です。

 

海外口座を使うメリット④日本語対応の業者が多い

 

海外業者というと英語などでやりとりをしなければならないと思われがちですが、日本の金融やFXの市場規模は大きく、日本人向けに日本語サポートを行う業者が多いのも特徴になっています。

日本語スタッフが常駐する海外口座も珍しくないため、口座開設のハードルも低めになっているのです。

 

海外口座を使うデメリット①ハイリスクな取引も可能になる

 

海外口座は日本口座に比べ、ハイリスクな取引も可能になっています。

成功すればプラスにはなりますが、失敗することで一気に借金ができることもありえるのです。

規制がゆるい分自分で身を守る意識がなければ一瞬でお金を失ってしまう可能性があります。

FXではリスクとリターンが隣り合わせであることに理解が必要です。

 

海外口座を使うデメリット②税金が高くなる恐れがある

 

海外口座で収益をあげた場合は総合課税と累進課税の組み合わせで税金がきまります。

総合課税は仕事の収入などと合算して課税額を計算する方法で、累進課税は収入が増えるほど税率が上がる仕組みを示しています。

そのため、もともとの年収が高いとFXの利益が小額でも課税率が高めになってしまう場合があります。

FXの収入は雑所得に換算されるため雑所得の控除範囲内であれば課税はされませんが、それを超えると課税率に影響を及ぼす可能性もあるのです。

FXのみで数百万円単位の利益をあげられるようになればそれだけ税金も増えることに注意が必要です。

金額によっては国内口座の方が安くなる場合があります。

 

海外口座を使うデメリット③損失の繰越ができない

 

海外口座と国内口座の大きな違いの一つが、損失の繰越ができるかどうかがあります。

FXを含む各種金融商品の取引は年毎の損益の差が激しくなりやすいのが特徴です。

そのため、国内口座では確定申告時に申請をすることで、最大3年間赤字の繰越を行い、課税対象になる収益と相殺処理ができるようになっているのです。

しかし、海外口座の場合はこの相殺処理自体ができない仕組みになっています。

大きな赤字を出しても翌年以降に赤字を繰り越すことができないため、税負担の軽減ができないのです。

収入のバラツキができた場合も平均に慣らすことが難しく、一時的に損失を確定させて節税を目指すといった行動もとりにくくなっています。

 

国内口座のメリットとデメリットは?

 

FX取引きをサービス提供しているFX業者はたくさんあります。国内口座でするメリット、デメリットを紹介します。

 

国内口座を使うメリット①税率が一律で計算しやすい

 

国内口座のメリットとなっているのが、税率が一律で計算しやすいことです。

海外口座の収益は収入によって税率が変化するため、どれくらいの税がかかるか計算するために知識が必要になります。

国内口座の場合は、一律で課税されるため課税額の予測がしやすく、計算が簡単になっているのです。

 

国内口座を使うメリット②海外に比べてリスクが少ない業者が多い

 

FXの国内口座は海外口座に比べて最大レバレッジの倍率が低いなど、リスクが少ない業者が多くなっています。

それだけ資金を失う確立が低く、コントロールがしやすいのです。

FX初心者の場合は、まず国内口座から初めてみるというのも選択肢になります。

 

国内口座を使うメリット③万が一のリスクが少ない

 

国内口座と海外口座は法律の適用範囲が異なりますが、国内口座であれば万が一業者が破産や倒産した場合も、法律などに従って救済が行われる確立が高くなります。

海外業者の場合はサポートを受けにくいため、万が一のことを考えて避ける人も存在します。

ただし、サポートの受けやすさは業者の経営リスクとは分けて考える必要があります。

 

国内口座を使うデメリット①選択肢が少ない

 

国内口座のデメリットになるのが選択肢の少なさです。

海外業者は非常に多く、さまざまなサポートの充実や手数料の安さなどで競い合っています。

国内業者に限定した場合はどうしても選択肢が少なくなり、手数料が割高になってしまうことや、通貨ペアの種類が限られる場合がありえるのです。

 

国内口座を使うデメリット①ハイリスクハイリターンな売買ができない

 

国内口座を利用する場合はレバレッジの上限が厳しく、ハイリスクハイリターンな売買自体ができなくなっています。

安全性が高い一方で短期間で収益をあげたい場合には不向きな面もあるのです。

 

国内口座を使うデメリット④安全性が高いのと借金のリスクは別になる

 

国内口座は海外口座に比べてハイリスクな投資方ができず、安全性が高くなっています。

ただし、それは比較した際の安全性の話であり、国内口座を利用していても借金を背負うリスクなどは存在します。

追証などの用語や仕組みをしっかり理解しなければいけないのは変わらないのです。

実際に国内取引で失敗して借金を背負う人もいます。

リスクを知った上でコントロールすることが最も大切で、リスクがあることは国内口座でもかわらないのです。

 

国内口座を使うデメリット④収入が低い人ほど税金が高くなる可能性が高くなっている

 

国内取引の課税は一律で決まっていて、収入が低く、FXの利益も少ないほど課税の率が重くなりがちです。

もちろん、赤字の場合は課税自体がされず、雑所得の控除範囲内の場合も課税はされません。

しかし、控除を超えた範囲などは確実に課税がされるため、結果的に負担が重くなる場合があります。

海外口座と比較すると、もともとFX以外の収入も高い人、FXで大きな利益をあげられる人でなければ国内口座の方が税負担が重くなりがちなのです。

 

国内口座を使うデメリット⑤損失の繰越には手続きが必要になる

 

国内口座の取引で年間の損益が赤字になった場合は、最大3年まで損失を繰り越せる制度があります。

注意したいのは損失の繰越には確定申告が必要な点です。

雑所得が控除の範囲内であれば確定申告自体が不用になる場合がありますが、損失を繰り越したい場合は損失が出たことを申告しなければならないのです。

繰越の手続きをしなければ脱税を疑われてしまうこともありえるため、しっかりと手順をふむことが大切になります。

 

FX初心者は海外業者で口座を開設すべきか?

 

FXにはリスクがあり、海外口座であっても国内口座であってもリスクをゼロにすることはできません。

また、実際に税金がかかるほど収益をあげられるようになるには時間がかかることが多いため、税金に関する意識をするのは初心者を脱する頃になっても問題がないのがポイントです。

初心者は国内海外問わずに使い勝手がよい口座を選んで慣れた方がメリットが大きいのです。

FX初心者が海外口座を避ける理由は少なく、比較の対象として検討した方がプラスになる場合があります。

海外口座で特に人気が高いのがXMGEMFOREXで、海外口座開設を検討するのでれば真っ先に候補に入ります。

XMは日本語サポートに対応しているだけでなく、初回入金でボーナスがもらえるのが特徴になります。

国内銀行対応で手数料無料でクイック入金が可能になっているなど、使い勝手の良さも魅力です。

トレードのラグがほとんどなく約定率が高いこと、世界屈指レベルの信託保全をうけていて、万が一の保証体制も整えられています。

日本人にも使いやすいだけでなく、安心できる環境が整えられる大手になるのです。

GEMFOREXも海外口座大手になります。

入金から最短3分で取引が可能、自動売買ソフト(EA)が無料で使いたい放題など、サービス面とスピードの充実が特徴になっています。

日本語のサポートも行っているため、日本人のFX初心者でも馴染みやすくなっています。

ある程度なれてきた場合はレバレッジ最大1000倍というハイリスクハイリターン名取引も可能です。

追証自体がないため、高レバレッジ取引のリスクも低いのが魅力になっています。

 

おすすめコピートレード・MAMをご紹介!

あなたはこんなお悩みをお持ちではありませんか?
  • 現在自動売買の運用をしているが全く増えずに、毎日口座残高が減っているのを眺めている・・
 
  • FX初心者でまずはコピートレードから始めてみたいがどれを選んだらいいかわからない
 
  • 何もしなくても稼げる収入の柱がもう一つ欲しい
 
  • 資産を銀行に預けるのではなくて、有効的に投資していきたい
  上記のようなお悩みが1つでも当てはまるようでしたら、当サイトで紹介している「AMMAコピートレード」がおすすめです。

完全無料で、プロトレーダーの取引をあなたの口座でコピーすることができます。

もし興味があれば成績などもすべて公開してますので、見てみてください。

実際のフォワードテストの成績で完全放置でこれだけの成績が出ています!

   

FX TRADEが独自に開発した「FXオリジナルインジケーター」を無料でプレゼント致します!

巷のネット上に存在しないインジケーターから、他では高額な金額で販売されているようなインジケーターも無料で配布する期間限定のプレゼント企画になります。

この機会に是非、手にとってみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、バカポンドです! FX TRADEでは、主にFXに関する情報を発信しており、投資に興味を持っている人、あるいは、既に投資を始めているユーザーのためになるコンテンツを作成しています。また、オリジナルで開発したインジケーターや自動売買ツールなども提供してますので、是非活用してみてください。どうぞよろしくお願い致します!