大陽線と大陰線でFXトレードを攻略!ローソク足のパターンやだまし回避法を解説!

 

どうもバカポンドです。

 

今回は「大陽線」と「大陰線」を中心にローソク足からのサインによるトレードを見ていきたいと思います。

世の中には、沢山のテクニカルがありますが、おそらくローソク足はどのテクニカルよりも見られていると思います。

沢山の方が見ているということは、投資家の心理を反映しやすく、取引するにあたってとても重要なヒントになります。

ローソク足は基本中の基本のため、少しFXに慣れてくると軽視しがちになってしまいますが、しっかり動きを理解して、実際の取引に役立てられるように解説していきたいと思います。

 

大陽線とは何か?

 

 

大陽線の定義ですが、特にこれと決まった定義はありません。

しかし、一般的には他の陽線と比べ、実態が大きく上下のひげが短いものをいいます。

取引する通貨ペアによっては、動く値幅(ボラリティ)が違うため、チャート全体を見て判断するといいでしょう。

動きとしては、一つ前のローソク足が確定した後の始値から若干下に行ってもすぐに上昇し、高値に近いところで終値を迎えます。

 

発生するタイミングとしては、相場の転換時のブレイクアウト時が多いです。

大陽線ですと、強い抵抗線(レジスタンスライン)を上に抜けた時に形成しやすいです。

抵抗線にローソク足が近づくと、逆張りの投資家は売りでエントリーを入れて、抵抗線の少し上に損切の買いを設定します。

それとは反対に、順張りの投資家は、抵抗線の少し上で買いのエントリーを入れて、抵抗線より下に戻ってきうると損切の売りを入れます。

このように、抵抗線を上に突き抜けると、新規の買いと損切の買い、さらには成行でエントリーする買いもあり、上昇が強くなります。

 

大陰線とは何か?

 

 

大陰線は、大陽線の全く逆の動きになります。

強い支持線(サポートライン)に近づくと、逆張りの投資家は買いでエントリーを入れて、支持線の少し下に損切の売りを設定し、順張りの投資家は、支持線を下に抜けると売りでエントリーし、支持線の上に戻ってきたら損切の買いを設定します。

大陽線と同じように、新規の売りと損切の売り、それに追従する成行の売りで、非常に強い下降が見られ、大陰線を形成します。

FXでは、買うことをロング、売ることはショートと言いますが、由来としては上昇には長い時間がかかり、下降は短い時間で起こってしまうためのようです。

FXは買いも売りも同じようにできますが、やはり買いからエントリーしているため、大きな損切を巻き込む大陰線のほうが出現しやすいと思います。

 

ローソク足のパターンを解説!

 

大陽線/大陰線は上記のように、支持線や抵抗線付近で発生すれば、それだけでトレンドに追従する強いサインになります。

ただ、出現するタイミングや、ほかのローソク足との組み合わせでは、逆張りのサインにもなります。

 

 

上の画像は「包み足」、「はらみ足」と呼ばれるものです。

一つ前にローソク足に対して逆の動きになり、なおかつ前のローソク足を包むように大きく形成されるパターンです。

このパターンは、相場の転換のサインになります。

そのため、この2本のローソク足だけで判断はせずに、支持線や抵抗線、移動平均線などの反発しやすい時に発生すると、エントリーするチャンスになります。

 

大陽線や大陰線でだましを回避するには?

 

大陽線や大陰線が発生しても、必ずしもその方向に行くわけではなく、当然だましもあります。

大陽線や大陰線は大きな動きを示しているため、短い時間足になればなるほど、信用性は失われます。

1分足などでは頻繁に出現してしまいますし、大陽線とはいっても値幅もそれほど大きくはありません。

そのため、できるだけ長い時間足、できれば30分足よりも長いほうが良いかと思われます。

また、長い足であっても、そのローソク足が確定する前にエントリーするのは控えたほうがいいでしょう。

例えば、1時間足で大陽線が出たとしても、ローソク足が確定するまでに時間があると、最終的に上下にひげをつけて、大陽線や大陰線にならない可能性もあります。

信用性を上げるためには、しっかりローソク足を確定させてからエントリーの判断をしたほうがよいでしょう。

あとは、大きな指標発表時の「大陽線/大陰線」の出現は要注意です。

重要指標や突然のニュースなど、市場が織り込んでいない情報がでると、一気に値が動き大陽線や大陰線が出ることがあります。

いきなり大きく動くと、その方向にエントリーしたくなりますが、そのような時は、突然最初の動きとは逆の方向に行ったり、上下動をせわしなく繰り返すことも多いので、余程の根拠がなければエントリーは避けたほうが良いでしょう。

ニュースが出きった後に、様子を見てからエントリーしても遅くはないです。

 

大陽線や大陰線に関するまとめ

 

大陽線や大陰線の発生頻度は、それほど高くはありません。

それだけに発生した場合は、ブレイクアウトや反転ポイント、レンジからトレンド発生などの大きなヒントになります。

多くの投資家が見ていて、その心理を反映させやすいローソク足は必ずチェックするようにしましょう。

 

FX TRADEが独自に開発した「FXオリジナルインジケーター」を無料でプレゼント致します!

巷のネット上に存在しないインジケーターから、他では高額な金額で販売されているようなインジケーターも無料で配布する期間限定のプレゼント企画になります。

この機会に是非、手にとってみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、バカポンドです! FX TRADEでは、主にFXに関する情報を発信しており、投資に興味を持っている人、あるいは、既に投資を始めているユーザーのためになるコンテンツを作成しています。また、オリジナルで開発したインジケーターや自動売買ツールなども提供してますので、是非活用してみてください。どうぞよろしくお願い致します!