Tradeviewの入金出金方法から追加口座開設手順を解説!出金拒否なしって本当?

 

今回は、FX海外業者の「Tradeview」を紹介いたします。

FX海外業者と聞くと、少し危険なイメージを持たれる方もいるかもしれませんが、現在はそんなことはありません。

もちろんすべての業者が問題ないとは言い切れませんが、数ある業者の中でも残っている業者に関しては信頼できます。

そのなかでも、業界トップの信頼度のある「Tradeview」にて、取引をするにあたっての入出金方法なども解説してきます。

 

TradeviewとはどんなFX業者?

 

Tradeviewは、2004年に設立しました。

金融ライセンスを、ケイマン諸島の金融庁(CIMA)で取得しておりイギリスの法体制を基礎としています。

他のFXの海外口座ですと、金融ライセンスを取得していても、日本人口座は対象外なところも多いですが、「Tradeview」が取得しているケイマン諸島金融庁は、日本人口座も規制・監督の対象になっているため非常に安心です。

日本国内では、まだそれほど知名度はありませんが、企業理念がトレーダーへ最高のトレード環境を提供することが使命になっているため、派手な広告などよりもシステムに力を入れており、スプレッドも業界ナンバー1クラスで約定力も非常に高いです。

数年前までは、公式ホームページも日本語に対応していませんでしたが、近年は日本のマーケットも非常に意識されており、公式ホームページも日本語化が可能となり、サポート専属の日本人スタッフも用意され、日本人の私たちにとっても使いやすい口座になっています。

安全面はというと、顧客から預かっている資産に関しては、外部会計監査機関「FundAdministration Inc」というところへ信託契約をしており、会社の運営資金とは完全に分別されており、サンタンデール銀行の口座に保管させています。

また、信託保全制度も採用しているため、もし「Tradeview」が破綻した場合も、外部委託の資金管理機関によって資金は守られるため、1顧客あたり35,000ドル(日本円だと約3,745,000円 1ドル107円計算)までは保証されます。

現在は、日本の金融庁による海外のFX業者への規制はかなり厳しくなっています。

おそらく、日本の金融庁から警告を受けていない海外業者はないかと思われます。

「Tradeview」も2016年12月に金融庁から警告を受けましたが、その影響もあり「Tradeview」の日本語公式サイトの情報提供量を制限しました。

一見日本人にとってはデメリットに見えますが、言い換えると日本でのサービス提供に力を入れているため、警告に対応しているということでしょう。

今後、なにか法律などが変更されても、しっかりと対応することが予想されるため、投資家にとっては安心できる要素だと思います。

 

Tradeviewの口座開設方法とは?

 

ここからは、「口座開設方法」をお伝えします。

特に難しくはないので、画面に沿って入力していきましょう。

 

↓↓

 

まずは「Tradeview」の公式ホームページを開きます。

画面右上の青い囲いのところにある「新規口座開設」をクリックします。

その次の画面では、「個人口座申請」と「法人口座申請」の2択が出てくるので、ここは個人口座申請を選びます。

次の画面に進むと、ご自身の基本情報の入力画面に移動します。

入力項目は若干多いですが、とくに難しい箇所はないので、ゆっくりと正確に入力していきましょう。

 

ここで、注意事項がいくつかあります。

まず入力必須項目に関しては、すべて半角英数で入力してください。

住所の入力も半角数字とローマ字表記が必要です。

もし入力方法がわからない場合は、「JuDress」というWEBサービスを利用すると、日本語住所を英語表記に変換できます。

情報を入力していくと、後半に「米国市民権・永住権に関して」という項目があります。

日本で生まれ日本で育った方は、選択肢の3つ目の「米国市民権や永住権はありません」を選択してください。

 

必要書類の提出のところについては、「身分証明書(写真付き)と「居住証明書」が必要です。

「身分証明書」に関しては有効期限内のもの、「居住証明書」に関しても請求書等は発行日より3か月以内のものでないと認証してもらえません。

そのため、提出前にそのあたりを確認してください。

このページの入力を正しく行い、最後にご自身の署名とロボットではないというところに同意して、「送信」をクリックすると、新規口座開設は終了です。

 

Tradeviewの入金方法について

 

次は入金方法についてですが、いくつか方法があるため、利用者が多いと思われるカードでの入金方法を中心に解説します。

「Tradeview」では、入金方法と出金方法を揃えるというルールがありますので、出金を見越した上で入金をしていただく必要があります。

こちらもまずは、Tradeviewの公式ホームページを開き画面右上の「入出金」をクリックします。

ここで、入金方法の選択画面が出ます。

「Tradeview」は、国内銀行からの入金には対応していません。

そうなると、一番手軽なのは「クレジット/デビットカード」での入金になると思います。

カードでの入金は直接できないため、オンライン決済サービス「bitwallet」を介した入金を推奨されています。

通常は、この「bitwallet」を利用すると、入金手数料が4〜5%発生しますが、これは「Tradeview」が負担してくれるため、低数量は無料にできます。

また、「bitwallet」を経由することで、VISAやMasterCard以外にも、AMEX・Diners・Discoverなども利用できます。

「bitwallet」を経由して入金する場合は、必ず「Tradeview」のHP内にある「bitwallet」の画面から入金処理をしてください。

bitwalletに似た入金方法で「SPICPAY」というものもあります。

 

しかし、こちらは入金額の2.5%+0.3ドル、もしくは最大35ドルの手数料がかかるため、特別な理由がない限りは「bitwallet」を使うべきでしょう。

海外銀行送金による入金という方法もありますが、反映まで1〜2営業日かかってしまい、手数料も片道だけで「3000円以上」かかるため、お勧めできません。

また、ビットコインなどを使っての入金もできますが、こちらもやはり手数料や手間の観点から、すでにビットコインを持っている方以外にはお勧めできません。

 

Tradeviewの出金方法について

 

「Tradeview」の出金方法ですが、こちらも「bitwallet」を中心に解説していきます。

 

 

こちらも入金時同様に、「Tradeview」の公式ホームページ右上にある入出金をします。

次のページでは、入金の方法が上段に表示されますが、下にスクロースすると、上の画像のように「ご出金・口座間資金移動」というところに赤字で「こちらから」となっているのでクリックします。

そうすると、次の画面ではお客様の情報の入力画面になります。

ここを入力すると、その下には出金方法の選択肢があります。

ここで出金方法を選択するのですが、前述のように入金方法と出金方法を揃える必要があります。

入金時の解説した「bitwallet」も同様ですので、こちらでも「bitwallet」での出金を中心に見ていきます。

 

お客様の情報の入力と出金方法を「bitwallet」にした後は、「Tradeview口座を解約しますか」という質問があります。

解約の意思がなければ「いいえ」にチェックを入れます。

 

次に、本人確認書類のアップロードを行います。

認められているものは、「パスポート写真見開きページ」「運転免許証」「写真付きマイナンバーカード」です。

 

ここまで入力し、送信すると出金処理は完了です。

このカード出金は、3〜5営業日で処理されます。

ただ、カードの締め日前後や引き落とし日前後などによっては、若干日数が前後する場合があります。

 

入金方法同様に、こちらも海外銀行送金による出金やビットコインによる出金もあります。

基本的には、必要情報の入力と必要書類のアップロードで出金処理ができます。

入金方法だけではなく、出金方法も含めて入出金の方法を決めるほうがいいでしょう。

 

Tradeviewの追加口座開設手順を解説!

 

一度口座を作ったけど、後からレバレッジを変更したり取引プラットフォームを変更したい場合は、わざわざ新規口座開設する必要はなく、「追加口座を開設」することにより可能となります。

 

 

まずは、「Tradeview」にログインします。

ログイン後の画面右上にある「お問い合わせ」をクリックします。

ここから「Tradeview」に問い合わせることによって、追加口座を開設できます。

 

問い合わせフォームには、口座開設時に使用した「名前」「メールアドレス」を入力します。

また、自分の「ログインID」も問い合わせフォームの頭に入力すると、対応が早くなることがあるので、記載するとよいと思います。

 

そして、希望の追加口座の種類を記載す送信します。

これで追加口座の手続きは完了ですので、とても簡単ですよね。

 

Tradeviewは出金拒否なしの業者?

 

FXの海外業者で一番心配なのは、「出金拒否」です。

以前は国内業者も含めて、TXインフラが整備されていない時代は出金拒否などもありましたが、悪徳業者は淘汰され、現在は安全な業者が非常に多いです。

また「Tradeview」に関しては、今までで出金拒否をしたという話は聞いたことがありません。

 

理由の一つとしては、「Tradeview」は「NDD方式(ノーディーリング)」を採用しているため、顧客との間で利益相反が起こりません。

DD方式を採用している業者は、顧客との間で利益相反が発生してしまい、顧客の利益が多いときに出金拒否をする業者もあるようですが、その点に関しては、「Tradeview」は全く問題ないといえます。

 

今の時代、出金拒否など悪い噂が流れてしまうとすぐに淘汰させてしまうため、「Tradeview」のように、過去にも悪評がない業者であれば、今後も非常に信頼できると思います。

 

Tradeviewの入金出金方法や口座開設に関するまとめ

 

どうしても海外口座での口座開設は、面倒で手数料もかかるイメージを持たれやすいですが、「Tradeview」に関しては、その点は全く問題ありません。

海外口座では土日にも動きを確認できたり、国内口座より高いレバレッジをかけての取引ができるなど、利点もたくさんあります。

「Tradeview」は、海外業者では最も信頼できる会社の一つですので、これを機に是非口座開設してみましょう。

 

↓↓

 

おすすめコピートレード・MAMをご紹介!

あなたはこんなお悩みをお持ちではありませんか?
  • 現在自動売買の運用をしているが全く増えずに、毎日口座残高が減っているのを眺めている・・
 
  • FX初心者でまずはコピートレードから始めてみたいがどれを選んだらいいかわからない
 
  • 何もしなくても稼げる収入の柱がもう一つ欲しい
 
  • 資産を銀行に預けるのではなくて、有効的に投資していきたい
  上記のようなお悩みが1つでも当てはまるようでしたら、当サイトで紹介している「AMMAコピートレード」がおすすめです。

完全無料で、プロトレーダーの取引をあなたの口座でコピーすることができます。

もし興味があれば成績などもすべて公開してますので、見てみてください。

実際のフォワードテストの成績で完全放置でこれだけの成績が出ています!

   

FX TRADEが独自に開発した「FXオリジナルインジケーター」を無料でプレゼント致します!

巷のネット上に存在しないインジケーターから、他では高額な金額で販売されているようなインジケーターも無料で配布する期間限定のプレゼント企画になります。

この機会に是非、手にとってみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、バカポンドです! FX TRADEでは、主にFXに関する情報を発信しており、投資に興味を持っている人、あるいは、既に投資を始めているユーザーのためになるコンテンツを作成しています。また、オリジナルで開発したインジケーターや自動売買ツールなども提供してますので、是非活用してみてください。どうぞよろしくお願い致します!