FXとバイナリーオプションで両建て手法が通用しない5つの理由とは?

 

どうもバカポンドです。

 

今回は、「FXとバイナリーオプションで両建て手法が通用しない5つの理由」について、解説していこうと思います。

 

是非最後まで読み進めて頂き、両建て手法について、理解を深めていって欲しいと思います。

 

FXとバイナリーオプションで両建て手法が通用しない5つの理由とは?

 

FXでもバイナリーオプションでも、両建て手法が成り立つと思っていませんか?

マーチンゲール手法と同じくらい、両建て手法も信じている人が多いです。

 

両建てとは何?

 

 

特定通貨ペアで、「買い」と「売り」のポジションを両方持つ行為のことです。

基本的には「損切りを必要としない」と言われている方法で、皆が使いたくなるような方法である。(しかしながら、プロの方は両建てをしても利確と損切りをしっかり行っている。)

どちらのポジションも持つことにより、相場が上昇時、下降時のどちらの相場になったとしても利益を出すことができます。

そして、両方のポジションを持つことにより、意図した方向に相場が動かなくても損失が拡大しない(リスクヘッジになる)という使われ方になります。

良い賭け方としては、強いトレンドが出ている時に両建てをし、トレンド方向に相場が進んだときに片方のポジションだけを残し、利幅を伸ばす方法が固いとされています。

例えば、下降トレンドのときに戻し目になるところで、ドル円を110円で買い、同時に110円で売るポジションの2つを作ります。

そして、戻し目から相場が下降してきたときに、ドル円での110円で勝ったポジションを損切りして、110円で売ったポジションだけを残して利幅を伸ばしていきます。

 

一般的には、リスクヘッジで両建ては使われているが、意外とリスキーでもあるわけです。

よって、両建てだけでは勝ち続けることはできないのです。

 

さらに、FX業者の注意書きにこういうことも書かれています。

「両建てはスワップポイントの売り買いの差、スプレッド等のコストがお客様にとって不利になりますので、当社では両建てを推奨いたしておりません。」

 

こうしたことからも、両建てがリスキーであることがうかがえますね。

そして、両建てがうまくいきにくい理由が以下のことになります。

 

両建てがうまくいきにくい理由①スプレッドの手数料がかかる

 

両建てがうまくいきにくい理由の1つ目は、エントリー時に2倍のスプレッド分の手数料がかかるということですね。

「買い」と「売り」の両方で2つのポジションを取っているので、1つのポジションを取っている時の2倍のスプレッド分の手数料がかかってしまうわけです。

初心者ほど、FX業者に手数料だけを毎回支払うだけになってしまう状態に陥る可能性も高いです。

よって、負担が大きくなるので「利確と「損切りの技術が求められます。

 

両建てがうまくいきにくい理由②損切り

 

両建てがうまくいきにくい理由の2つ目は、損切りをしないがために、一度でもミスしてしまうと多額の負債を追ってしまうということです。

初心者の方で「損切りしなくても良い」と考えているところに問題があるわけですね。

安易に両建てに手を出してしまうと、ポジションのほとんどが含み損を抱えてしまい、自分の資産を一気に溶かしてしまう危険性を秘めています。

 

両建てがうまくいきにくい理由③利益が大きくならない

 

両建てがうまくいきにくい理由の3つ目は、利益率が大きく下がるということですね。

 

リスクヘッジとして、「買い」と「売り」の両方にポジションを持ち、どちらかのポジションで利益を得ることはできるが、もう片方のポジションでは損失を抱えることになるので、つまりは、

最終的な利益=片方のポジションでの利益-もう片方のポジションでの損失」

ということになり、利益率は大きくならないわけですね。

 

さらに、そこに理由②のような問題が発生した場合は、一気に終わってしまうので、短期的に見れば多少の利益は出しやすいですが、長期的に見ると確率は低いので、長期的な分、危険度は上がります。

 

両建てがうまくいきにくい理由④メンタル

 

両建てがうまくいきにくい理由の4つ目は、メンタルに多大な負荷がかかるということですね。

実際のトレードで両建てすると、どのような心理的変化が起きるかを考えてみましょう。

仮に、両建てが戦略通りで、含み益を一時的に得ることができるのであれば問題はありません。

しかし、損切りしたくないからといって、含み損のポジションを両建てしたときに、メンタルが徐々に崩れていく可能性が高いと言えます。

なぜなら、「買いと売りのポジションを早くなんとかしなければ!」という焦りから、ポジションを持っていることでかなりのストレスになるからですね。

そのストレスは両建てのポジションのホールド期間が長ければ長いほど強くなります。

 

両建てがうまくいきにくい理由⑤口座凍結の恐れ

 

両建てがうまくいきにくい理由の5つ目は、バイナリーオプションの場合、口座凍結になる可能性が高いということですね。

バイナリーオプションでも両建ては可能です。

値動きに注目し、パターンを見付けていけば、利益を出すことは可能(短期取引の場合)です。が・・・・

利益を継続的に出せたとしても、バイナリーオプションの業者が両建てで利益を出し続けている者に対し、監視の目を光らせ、最終的に口座凍結させられる可能性が非常に高いので、仮にうまくいってもバイナリーオプションの業者が黙ってはいないわけですね。

 

どうすればFXとバイナリーで勝てるのか?

 

両建てによるリスクヘッジは、初心者の方には意外とリスクヘッジになりません。

両建てで成功しているプロトレーダーは、全体の相場観+細かい相場を見ていくスキルがあります。

つまり、両建てして楽に勝とうとせず、相場と向き合っていかなければならないわけです。

 

結局のところ、相場についての基礎を勉強しなければならないですし、小手先のロジックよりは、まず相場の学習から入らなければいけません!

 

相場の学習でやっておくべきことは、全体の相場把握で役に立つ移動平均線の理解相場を詳しく読むのに必要不可欠なダウ理論を完璧に理解することなどが、投資をやり始める際に、まず勉強しておくべき内容になると言えます。

 


おすすめコピートレード・MAMをご紹介!



あなたはこんなお悩みをお持ちではありませんか?



☑自動売買の運用をしては溶かしては、また他のツールを探す。を繰り返している

☑コピートレードを始めてみたいけども、どれを選んだらいいかわからず悩んでいる

☑何もしなくても稼げる収入の柱がもう一つ欲しい

☑高額な自動売買を購入したが結局稼げなかった

☑資産を銀行に預けるのではなくて、有効的に投資していきたい


上記のようなお悩みが1つでも当てはまるようでしたら、「AutomaticTrade」がおすすめです。

年利1000%以上出ている取引をあなたの口座で複数個コピーすることができます。

成績などもすべて公開してますので、まずはご覧ください。

 

実際のフォワードテストの成績で完全放置でこれだけの成績が出ています!


   
Automatic Trade 従来のコピートレード
トレード数


600種類以上あるトレードの中から厳選されたトレードの中から好きなものを複数選べる

×
トレードは1つのため選べない
利用料金
どんなに利益が出ても月19,800円

月の利益の30~40%が相場。10万利益がでたら3~4万、100万なら30~40万
自由度の高さ


出金・停止がいつでも行えて手動で決済ができる。各トレードごとにロット比率も変更可能

× 出金も停止も制限がある。さらにLotの比率なども変更不可

データの信頼性
信頼性の高いフォワードテストの結果を公開している


MT4のスクショでの結果のみしか公開されておらず、実際に利益が出ているのかわからない

収益性


1年で1000%以上の利益が出ているものや平均月利20~30%のものもある


フォワードテストの期間が短いものが多いため、今後利益が出続けるか不安



Automatic Tradeは安定した利益が出せるように、600種類以上のトレードの中から本当に勝てるトレードを厳選して選び、その中から好きなものを複数個コピーするという最新のコピートレードです。

トレードを選択してコピーが始まれば後は何もしなくても口座残高が増えていきます!


FX TRADEが独自に開発した「FXオリジナルインジケーター」を無料でプレゼント致します!

巷のネット上に存在しないインジケーターから、他では高額な金額で販売されているようなインジケーターも無料で配布する期間限定のプレゼント企画になります。

この機会に是非、手にとってみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

初めまして、バカポンドです! FX TRADEでは、主にFXに関する情報を発信しており、投資に興味を持っている人、あるいは、既に投資を始めているユーザーのためになるコンテンツを作成しています。また、オリジナルで開発したインジケーターや自動売買ツールなども提供してますので、是非活用してみてください。どうぞよろしくお願い致します!