FXのMAM口座で増えたお金には税金がかかる?支払う金額の目安もご紹介

今回はFXのMAM口座で増えたお金には税金がかかるのか?

というテーマで記事を書きました。

 

MAMで自動ですべて運用してもらうからといって、税金までは任せることはできません。

そのため税金については、きちんと自分自身で知識を付けておくということが重要になってきます。

逆に知識がないと脱税になってしまったり、大きな処罰が下されてしまう可能性がありますので気を付けましょう。

 

MAM口座にかかる税金についてわからない人のために記事を書きましたので最後までご覧ください。

 

↓そもそもMAMって何?という方はこちら↓

MAM(マム)とは?PAMM(パム)とは?運用方法の違いや違法性、メリットデメリットを解説!

2019年6月28日

 

FXのMAM口座で増えたお金には税金がかかる?

FXのMAM口座で増えたお金には税金はかかるのでしょうか?

日本に在住している場合、MAMやFXなどの投資で出た利益は日本の法律により必ず税金は払わなければいけません。

給与所得者の場合年間利益が20万円以上、非給与所得者の場合年間利益が38万円以上の場合申告対象になります。

 

納税しなかった場合刑罰の対象になるため注意をしてください。

一般的にMAM口座は海外のFXプローカーを通じて口座開設する形になります。

海外の業者なので、納税の対象からはずれるのでは?と思った方もいるのではないでしょうか?

いえそれは間違いで必ず払わなくてはいけません。

海外の業者でも日本の業者でも、税金は必ず支払わなくてははいけないのです。

 

例えば、私たちが海外旅行に行ったときの消費税などの税金はすべて日本の税率ではなくて、その国の税率が適用されますよね?

それと同じで、日本にいる限りは日本人も外国人でも同じ税金を支払う義務があります。

 

しかし、海外の業者のため申告しなくてもばれないのでは?

と思った方もいるでしょう。

しかしこちらもごまかしができないようになっています。

海外でMAM口座を作るとき、必ず本人確認をしなければいけないですよね?

本人確認をしなければ、実際の取引ができないようになっているはずです。

そしてこの情報は日本にも伝わります。

そのため申告をしないとばれてしまうのです。

 

MAM運用などを行うにあたって、正しい税金の知識を身に着けることはかならず必要です。

下では詳しい税率などの話もしていきますので、最後までご覧になってくださいね。

 

なぜMAM口座で増えたお金に税金がかかってしまうのか?

 

なぜMAM口座で出た利益は税金がかかってしまうのでしょうか?

日本には所得税という税金を支払わなければいけないからです。

 

FXのMAM口座で出た利益にも所得税は適応されます。

どんな所得も給与所得者の場合年間利益が20万円以上、非給与所得者の場合年間利益が38万円以上の場合申告対象になります。

 

ですので、年間の利益額が上の条件に満たさなかった場合は申告をしなくてもよいです。この場合は税金はかかりません。

という感じで日本に住んでる以上日本の法律が適用されるため税金がかかってしまうということです。

 

税金を払いたくないという人は、日本以外に移住をしてしまう方も多いです。

なぜなら海外FXで出た利益の税率は雑所得と呼ばれており、利益が大きくなればなるほど、支払う税率が高くなるからです。

雑所得にかかる所得税は最大で、45%なためかなり大きいです(年間4500万円以上の場合)

ここからさらに住民税が10%かかってしまうため、最大で55%税金がかかることになります。

 

そのため日本より税金が安い、シンガポールなどの国に移住をする方も多いのが現状です。

ただ多くの方は何千万という利益を出しているわけではないと思うため、45%も税金を支払う必要はないためご安心ください。

 

FXのMAM口座での正しい利益の申告方法をご紹介!

 

正しい利益の申告方法についても解説していきましょう。

確定申告の際に所得の申告をするのですが申告方法には「白色申告」と「青色申告」の2種類の方法があります。

「白色申告」とは審査なしで簡単な申請により所得の申告ができるもので、「青色申告」とは審査が必要で帳簿を付けなくてはいけないが税制上の優遇があるといった感じです。

 

年に1度確定申告をし、国に利益額を申告した後税金を翌年に払うといったイメージです。

 

ただ、MAM口座を運用している場合、1つだけ疑問が浮かぶかと思います。

それは

「もしも利益が年間でマイナスになってしまった場合はマイナス分を翌年持ち越すことはできないのか?」

という点です。

例えば今年MAMの調子が悪く年間で-100万円の損失になってしまいました。

しかし、来年は調子が良く+300万円の収益で終わった。

この場合は前年‐100万円の損失だったから、+200万の利益で申告していいのではないか?という点です。

 

これは法律上できないことになっています。

MAM口座は海外のFXのブローカーのサービスのため、マイナス分は0として申告しなければなりません。

国内FX業者でのマイナス分なら3年間繰り越しができるのですが、海外FX業者だとマイナスになってしまった年は0円とカウントしなければいけません。

 

ここが注意が必要です。

特に大きな資金でMAMを運用する方は、マイナス分が繰り越せないということはかなり大きなデメリットになると思うため注意してくださいね。

 

FXのMAM口座で支払う税金の目安とは?

 

FXのMAM口座で支払う税金の目安も紹介していきます。

出た利益が経費を引いて年間どのくらいだっかか?でおおよそ計算ができます。

FXのMAM口座での利益は雑所得にあたり、利益が大きくなるにつれてかかる税率が変わってきます。

引用:国税庁

税率については以下の通りになります。

 

~195万円 → 5%

195万円~330万円 → 10%

330万円~695万円 →  20%

695万円~900万円  → 23%

900万円~1,800万円  → 33%

1,800万円~4,000万円 → 40%

4,000万円超 → 45%

 

このように利益が大きくなればなるほど、かかる税率も大きくなるといった感じですね。

海外の口座だからといって、税率が変わるといったことはないため注意しましょう。

 

また毎年申告しなければいけないもののため年にまとめて計算するのではなくて、MAM運用もFXも月ごとの成績を記録しておくのをおすすめいたします。

自動売買だからといって完全に放置するのではなく、毎月の収支を計算することで、調子が悪くなってきたらリスクの分散として他のMAMの検討するという感じで投資を行っていくのがよいかとおもいますよ。

MAM口座はやめ時も大事だと私は考えています。

計画的なMAM運用を心がけましょう。

 

まとめ

 

  • 日本に在住している場合、MAMやFXなどの投資で出た利益は日本の法律により必ず税金は払わなければならない
  • 海外の業者だからばれないと思い申告しなかった場合は処罰の対象になるため注意が必要
  • 出た利益が、給与所得者の場合年間利益が20万円以上、非給与所得者の場合年間利益が38万円以上の場合申告対象となる
  • 白色申告または青色申告で年に一回確定申告をする必要があります
  • FXのMAM口座での利益は雑所得にあたり、利益が大きくなるにつれてかかる税率が変わる
  • 年間のマイナスは次の年度に繰り越すことはできないため注意

 

MAM口座を運用するにあたってこの記事の内容を理解しておくことはとても大事だと思います。

税金が後にかかってくるため出た利益を、すべて遊びに使ってしまった・・

なんてことがないように計画的に運用していきましょう。

 

おすすめコピートレード・MAMをご紹介!

あなたはこんなお悩みをお持ちではありませんか?
  • 現在自動売買の運用をしているが全く増えずに、毎日口座残高が減っているのを眺めている・・
 
  • FX初心者でまずはコピートレードから始めてみたいがどれを選んだらいいかわからない
 
  • 何もしなくても稼げる収入の柱がもう一つ欲しい
 
  • 資産を銀行に預けるのではなくて、有効的に投資していきたい

上記のようなお悩みが1つでも当てはまるようでしたら、当サイトで紹介している「Triamph MAM」がおすすめです。  

完全無料で、プロトレーダーの取引をあなたの口座でコピーすることができます。  

もし興味があれば成績などもすべて公開してますので、見てみてください。  

実際のフォワードテストの成績で完全放置でこれだけの成績が出ています!

 
    

FX TRADEが独自に開発した「FXオリジナルインジケーター」を無料でプレゼント致します!

巷のネット上に存在しないインジケーターから、他では高額な金額で販売されているようなインジケーターも無料で配布する期間限定のプレゼント企画になります。

この機会に是非、手にとってみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です