【FX裁量マスター無料講座②】相場の本質とは何なのか?

こんにちは。

先日に引き続き、またメールに目を通していただきありがとうございます。

今日もまた記事の最後で、

「ボリンジャーバンドをつかった順張りインジケーター」

を無料プレゼントしますのでお楽しみに!

そして、今日のFX裁量講座では、

『相場の本質』

について触れていきたいと思います。

いきなり深い内容にもなっていきますが、

このメールでは一切妥協せずに超有料級の内容をお伝えしていきます。

まず、相場について前提として知っていただきたいのは、

相場というのは、

レンジ→トレンド→レンジ→トレンド

この繰り返しになる可能性が高いということです。

 

そして、トレンドは明確な転換シグナルが出るまでは継続する

ということです。

よく、トレンドの途中で明確な根拠もなしに逆張りを仕掛ける人もいますが、トレンドに逆行した逆張りなんて危険極まりないです。

「下がりすぎだろ〜」「上がりすぎだろ〜」

というのは勝手な思い込み。

予想以上にトレンドが続いていくことはザラにあります。

相場というのは動く際に何かしらのサインを出してくれます。

それはインジケーターとかそういう話ではなく、

一定の形、動きをして「これからこっちに動くよ〜」

というのを匂わせてくれる、ということです。

そういった小さなサインを読み取ってトレードしていくことが必要です。

それが『相場の本質』です。

少し抽象的かもしれませんが、

相場が動く際には小さな動きでや何かしらの目印でサインを出してくれている、ということで、あとはいかにそれを見つけていくか、ですね。

もちろん、これだけじゃあまりわからないと思いますので、具体的にどういったところに注目していったらいいのか?

をいくつか見ていきましょう!

 

レンジはいつかどちらかに放たれる

まずはこちらの画像をご覧ください。

 

この黄色の枠の部分はレンジ相場ですね。

相場というのはレンジの次にはトレンドが来ます。

なので、どちらかに相場は放たれるわけです。

逆に、どちらかに方向性が定まっていない段階ではエントリーできないです。

このレンジも少しずつ上に向いて進んでいます。

なので、もしここでロングでポジションを持ってしまってたらどうでしょう??

このレンジは最終的に超大陰線で下ブレイクしていますので、一気に資金が飛んでいる場面ですね。

これが、相場の明確な転換サインが出ていないのに、

「なんとなく上向きだぞ!」

と言う判断だけでエントリーしてしまって死亡するパターンです。

こういったときも、

「現在はレンジ。明確なサインが出るまではどちらにブレイクするかわからない」

という前提知識があればここでのエントリーは避けることができます。

 

そして、そのあとがこちらの状況です。

これを見ていただければわかりますが、下ブレイクした後それまでサポートラインとして支えられていたところまで値が戻ってきたときに値動きがもみ合って、再度レンジに戻ってくることを「拒絶」しています。

この「拒絶」が明確なサインになりえます。

レンジを一旦はブレイクしたのですが、また戻ってくる可能性もあります。

なので、ブレイク段階ではまだエントリーというのは早いです。

このブレイクが本物なのか?を確かめる必要があるんですね。

エントリーするなら、こういった明確なサインが出てからじゃないといけません。

相場の方向性が定まったことを確認してからです。

仮にここの拒絶でエントリーしたとすると、90pips程度取れていますので、1ロットエントリーで9万円程度、10ロットエントリーなら90万円程度の利益をあげることができます。

 

エントリーは決して「予想」で行ってはいけないですし、早くエントリーしたい!と思ってはいけないのです。

エントリーするというのは「待つ」行為です。

相場がそのチャンスを作ってくれるのをじっくりと待って、方向性が定まったらGO!です。

正直、これを徹底すれば負け続ける、ということはありえません。

なぜなら、方向性が定まった後にエントリーするわけなのですから。

【トレンド転換点を狙い撃ち】

他の注目ポイントとしては、トレンドが発生しているところからどのタイミングでトレンド転換を捉えるのか?

と言う部分です。

正直、レンジからトレンドって多くの方が見てわかるんですよね。
なので比較的判断しやすいです。

しかし、トレンドの終わり、というのは意外に多くの方がしっかりと認識できていません。

だから、まだトレンド中なのにこれは行き過ぎだ!と思って、見当違いなところで逆張りで入って失敗するんですね。

どんなところにトレンド中は注目するのか?というと、

 

このような部分です。

先ほどの場面の続きなのですが、

下降トレンドが続く中でレンジが発生しました。

(ちなみに、トレンドというのは安値・高値が切り下がっている、切り上がっている、状態が続く状態のことを言います。)

トレンド中のレンジというのにも意味があります。

スムーズに価格が下がっていたのに途中から勢いが弱くなったということは、そこより下の価格が拒絶されているということになります。

ロングの指値が多く入っていた可能性が高いです。

また、ショート勢の利確ポイントだったかもしれません。

どちらにせよ、それまでのガンガン下目線が変わる?サインとなるわけです。

もちろんこの時点ではまだ下目線終了ではありません。

あくまでその可能性を視野に入れてその先の相場を見ていく必要があるということです。

その先の相場が次の画像です。

 

結局そのレンジを1つ目の矢印のロウソク足で上に力強くブレイクしましたね。

そのまま下降トレンドだ!とショートエントリーしていたら死亡していました。

そして、注目すべきなのが、レンジをブレイクする前にトレンドラインもブレイクしています。

トレンドラインのブレイク=目線転換の可能性、です。

 

なので、今回はトレンドラインブレイクの後レンジのレジスタンスライン(上側のライン)に迫っていますので、上にブレイクする可能性が高いのでは?という予想を立てることができます。

なので、ここでショートエントリーを入れるという博打は打たなくて済むわけですね。

ただし、上ブレイクした後すぐにロングエントリーか?というのも少し早いです。

もちろん損切りを適切に設置しておけばとりあえずエントリーしてもいいとは思います。

しかし、もっと確実に狙っていくには先ほどの話と同じです。

確実に方向性が定まった!と判断できるまで「待つ」ということです。

 

一度ブレイクしてもまた戻ってくる可能性はあります。

なので、一旦様子見として待っていると、案の定先ほどのレンジラインへ戻ってきました。

その時のロウソク足の動きに注目します。

そのままレンジの中に戻ってしまいまた下に行ってしまってはダメです。

なので、そこの価格帯自体が拒否された!という事実が欲しいんです。

そして、ロウソク足の経過を見てみると、

レンジ価格帯に戻ってきたところで戻りきれず、押し上げられるようにして再度大陽線を引いてその価格帯をブレイクしました。

僕ならこの時点で方向性を確定させます。

明らかに下が拒絶されてるな、というのが見えるのでそこからロングの目線へ転換する可能性が高いな、と予想できるわけです。

そしてそのあと綺麗に上昇トレンドが始まり、150pipsも取れています。

このように、上昇トレンドが始まるにも、そのための「サイン」が相場の中に隠れているのです。

そういったサインを確かめることなく、エントリーするからすぐに損切りにかかってしまいます。

勝ち続けるトレーダーになるためには、『相場の本質的なサイン』に目を向けて、しっかりと方向性を確定させたあとに、その方向性に乗ってくだけです。

それができるようになれば勝つことが普通になります。

そして、仮に負けたとしても負けた金額は少なく、勝つ時は大きく勝てます。

これがFXの醍醐味です。

実際に負けを切って利を伸ばしていく、

「利確」と「損切り」

については最も大事な部分ですので、これはまた回を分けて後日解説いたします。

 

通貨の強弱関係を見ていく※最重要

 

これは少し具体的な画像を用意できませんが、

相場というのは各通貨ペアに存在して、どのチャートを見ても、それは「相場」です。

 

当たり前ですよね?

ただ、それぞれのチャートが独立しているのか?と言うとそうではありません。

それぞれのチャートは見えているものは別だとしてもお互いが干渉し合っています。

そして、時と場合によって、干渉し合う通貨ペアが変わってくるのです。

これを完全に把握していくことができればまぁ負けません(笑)

 

「今はどの通貨ペアで動いているのか?」

これに常に意識を向けてください。

 

例えば、USDJPY(ドル円)が上昇していたとします。

その動きがドル円だけ独立した動きなのか?

それとも、クロス円(JPYが絡む通貨)で同時に力強く動いているのか?

で見方が全く変わってきます。

 

基本的には、主役通貨が明確な動きは強く、トレンドが出やすい=利益が出やすい

と考えていただいて大丈夫です。

なので、先ほどいくつか紹介したチャートサインが出た時にその通貨ペアが他の通貨ペアも同時に動いている状況の当事者である場合、それはかなり値幅の狙える場面でもあるのです。

そして、しっかりと判断しないといけないのが例えばEURGBPなどの場合、

 

  • EURで動いている相場なのか?
  • GBPで動いている相場なのか?
  • それぞれのチャートの方向性は?

 

という把握がめちゃくちゃ大事です。

少し難しい話になってきますので、想像力を豊かにして読み進めてくださいm(_ _)m

 

EURGBPがここ最近上昇トレンドで推移していて、

これからさらに上昇するチャートサインを出すとします。

 

だから、ここから再度ロングを狙おう!と思っている時に、EUR関連とGBP関連を見るわけです。

すると、EURUSDとEURJPYは下がっていて、どちらもここ最近は下降トレンドを形成していた。

そして、GBPUSDは下がっていて、GBPJPYも下がっている状況で、どちらも下降トレンドを形成していた。

 

この状況の時、ここ最近はEURGBPはどちら主体で動いていたのか?

ということを考えなければいけません。

 

・EURUSDとEURJPYは下がっているのにEURGBPは上がっていた

→これはEURで違う動きをしているのでEURではない?

・GBPUSD/GBPJPYが下がるということは反対通貨であるEURGBPが上がるということは、GBPの方向性が全て一致している

ここ最近はGBPでトレンド形成が行われていた

ということがわかるわけです。

 

なので、これからエントリーすることを考えた場合、ポンド(GBP)でどこまでのトレンド継続が見込めるのか?

という点を見る必要があります。

他のポンド関連通貨を見るんです。

 

そして、他のポンド関連のチャートで明確な反発点がすぐそこだったり、何かしら相場転換のサインが出てしまっていたとしたら、EURGBPでのトレンド継続エントリーは危険になります。

ポンドで動くとトレンドの勢いが失速し転換→含み損→損切り

になってしまうリスクが高くなってしまうためです。

 

なので、この時にエントリーしていい条件としては、

GBP関連でまだまだトレンド継続の要素が全てで出ていることが確認できた、この時だけです。

他のポンド関連でもトレンド継続のチャートサインが確認できたらなお最高ですね!

 

1つのチャートだけで決めるのではなく、相場全体を見渡して、複合的に判断していくんです。

これが、『相場の本質』を見極めてトレードで稼いでいくための必須事項です。

ここまでしっかりしてトレードできている人が少ないのが現状で、だからこそ、ここまでできれば自ずと利益は出ていきます。

 

ひとまず、内容がかなり深くなってしまいましたので、

『相場の本質』

についての講義はここまでにしましょう。

 

ただ、かなり重要なことをお伝えしましたので、できれば通勤・通学中などに何度も何度も読み返してください。

最初はあまり理解できなくてもOKです。

ただ、時間はかかってもいいのでこの知識は絶対に身につけてほしいです。

 

  • 【レンジはいつかどちらかに放たれる】
  • 【トレンド転換点を狙い撃ち】
  • 通貨の強弱関係を見ていく】※最重要

 

大きく分けて上記の3つのポイントを解説しました。

是非トレードの指標になれば幸いです。

明日は実際にこういうところがエントリーポイントとして狙っていけます!

というところをいくつも紹介して実際に見ていただこうと思っていますのでお楽しみに(^ ^)

———————————–
☆インジケーターダウンロード案内

本日ダウンロード案内させていただくのは、
「ボリンジャーバンドをつかった順張りインジケーター」の「Follow Me!」になります。

 

詳細は下記から

FXでボリンジャーバンドと移動平均線を使った順張りインジケーターとは?使い方や設定方法、無料ダウンロード方法を解説!

2019年7月2日

 

ダウンロードはこちら

https://fx-tradesite.com/member/myfiles/file/zip/2019/07/0707-014343.zip

 

※他インジケーターを見られて登録された方もいるかもしれませんが、インジケーターは毎日1つずつ配布することにしました。

というのも、私自身がっつり裁量のお話をするつもりなので、インジケーターを使っていただく以上、それで損失を出して欲しくないためです。

損失を出さないためにも裁量の習得も同時にしていただきたいという思いで裁量の勉強をしながらインジケーターも手にしてほしいと思います。

※ただ、希望している以外のインジケーターも完全無料でGETできちゃいます!