相場のボラティリティを判断することができるインジケーターDaysPointとは?

あなたは取引をする際にボラティリティを意識しておりますか?

 

よくボラが大きいとか、ボラが小さいなんて言葉がよくつかわれておりますが、意味がよくわからないし、計算方法もわからない!

そんな方も多いかと思います。

 

しかし、FXをする際ボラティリティを気にすることは大きなメリットがあります。

ということで今回は、相場のボラティリティを自動で計算してチャートに表示してくれるインジケーターを独自で開発しましたので、こちらの記事を読んでいただいた読者の方に、無料でプレゼントさせていただきたいと思います!

最後のほうにダウンロード方法について詳しく記載しておりますので、ぜひ最後までお付き合いくださいm(__)m

 

FXにおけるボラティリティの意味とは?

 

ボラティリティとは、相場の価格変動の大きさを示すものになります。

価格変動が大きい時をボラティリティが大きい、価格変動が少ない時をボラが少ないと呼ぶことが多いです。

 

FXでは値動きの少ない相場よりも値動きの大きい相場で取引を行った方が大きな利益を出すことができます。

そのためボラティリティは気にしたほうがよいです。

ボラティリティが少ない時に勝っても、ボラティリティが大きなところで負けてしまったらいくら勝率が高くても負けてしまうことがあるからです。

それだけボラティリティというのはトレードをする上で意識しなければいけないことなのです。

 

なぜボラティリティを意識することが重要なのか?

 

なぜボラティリティを意識することが大切なのか?

いくつか理由があります。

 

ボラティリティが少なすぎる相場では大きな利益を出すことが難しい

 

なぜボラティリティを意識することが大事なのかというと、ボラが少なすぎる相場では利益を出すことが難しいからです。

例えば、1日に50pipsしか動かない日と、500pips動く日があったら500pips動いた日の方が利益を出しやすいですよね?

50pipsしか動かない日だとトレンドに乗っても少ししか利益を取ることができませんが、500pips動いた日にトレンドに乗るように取引をすれば大きな利益を出せますよね?

 

このように少ない値動きの中だと大きな利益を出すことが難しいのです。

大きな値動きのある相場の方が、大きな利益を出すことが可能になります。

しかし逆行した時のリスクが大きいため、損切はしっかりと入れておこう。といった判断ができるようになるのです。

こういった相場認識のためにもボラティリティを意識することが大切です。

 

エントリーポイントの目安になるため

 

ボラティリティを把握することは、エントリーポイントの目安にもなるためおすすめです。

例えば、過去5日間のボラが50pipsだったとしましょう。

今日これから順張りエントリーをしようと思った時に今日のボラが20pipsだったら、あと30pipsくらいは動く可能性があるからエントリーしようとか、

もし60pipsエントリー時に動いていたらこれ以上はファンダメンタルズ的要素がない限り、トレンドに乗るのは考えずらいかな。

などとエントリーの際の判断材料になります。

 

ですのでボラティリティは気にした方がいいのです。

ボラティリティを気にすることによって、適切なタイミングでエントリーができるようになり勝率はアップしますので。

 

相場のボラティリティを判断することができるインジケーターがある?

 

相場のボラティリティを判断することが重要なのはわかりましたが、相場のボラティリティをいちいち毎回値幅を図って計算するのもなかなか面倒ですよね?

自動でボラティリティを計算してくれるインジケーターがあったら便利だなと思ったことはありませんか?

そんな方のために今回相場のボラティリティを自動計算してくれるインジケーターを独自で開発いたしました!

その名もDaysPointです!

このインジケーターを使用すればボラティリティを自動で計算してくれるため、わざわざ自分で計算しなくてもよくなります。

また複数期間の平均のボラティリティもわかるため、現在の相場状況もわかるようになります。

ぜひこのDaysPointを活用してボラティリティを意識してみて下さい!

 

DaysPointの概要について

 

DaysPointは、相場のボラティリティを判断することができるインジケーターになります。

本日のボラティリティを表示させてくれるだけでなくて、過去5日間、20日間、60日間の平均ボラティリティを表示してくれるので環境認識にピッタリなインジケーターになります。

例えば、上の写真だと今日のボラティリティが172ポイントなのに対して5日間の平均ボラティリティが395ポイントになるので本日もう少し動きがあることが予想されます。

こんな感じでボラティリティを意識して取引をすることで、利益を大きく出すことが可能になるのです。

 

設定方法はとてもシンプルです。

 

・横移動→ボラティリティを表示させる位置(横軸)を調節できます。数値を小さくすれば右に、大きくすれば左にずれます。

・縦移動→ボラティリティを表示させる位置(縦軸)を調整できます。数値を小さくすれば上に、大きくすれば下にずれます。

 

Vol01が本日のボラティリティ

Vol05が5日間の平均ボラティリティ

Vol20が20日間の平均ボラティリティ

Vol60が60日間の平均ボラティリティ

 

になります。設定方法もとてもシンプルにしました。

 

FX取引をする上であったら便利なインジケーターになりますので、ぜひご活用してくださいね!

 

DaysPointの活用法を紹介!

 

DaysPointの活用法も紹介していきます。

 

基本的には相場の環境認識に使ってください。

ボラティリティ=値動きのことですので、本日の値動きは過去平均より大きいのか?小さいのか?などといった現在の相場がどんな状態なのか把握しておくことはとても重要です。

また1.5.20.60日の平均ボラティリティが出るため、60>20>5>1の順でボラティリティが小さくなっていたら今は力をためている状態だから、トレンドに乗ったときは強いトレンドが出来そうだなとか、

写真と反対で1>5>20>60の順に大きくなっていたら、そろそろトレンドが終わりそうだなとか、相場の環境認識にとても使いやすいインジケーターですね。

ぜひ活用していただき現在の相場状況を把握していただければと思います!

 

またエントリーするかどうかの判断をする際にも使えます。

例えば、5日〜60日の平均ボラが1000Pointぐらいなのに、今日まだ200Pointしか動いてなければ、まだまだここから相場は動いてくる可能性が高いためエントリーという感じで、エントリーするかどうかの判断にも使えますね。

逆に5~60日の平均ボラティリティが500Pointなのに、今日1000Point動いていたらそろそろトレンド終了かなといった感じでも見ることができます。

こういった感じでDaysPointを活用していただければと思います!

 

DaysPointをダウンロードするには?

 

今回相場のボラティリティを判断することができるインジケーターDaysPointをLINE@会員さん限定で無料プレゼントすることにしちゃいました!

 

https://firestorage.jp/download/4c1dfe9c91c67729e00d6fd97620c351de5ef07c

(保存期間12/31まで)

 

ダウンロードパスワードがございますので発行方法もご説明いたします。

 

まずは一度こちらのLINE@「FXトレード情報サイト」をブロックを押してすぐにブロック解除してください。

ブロック解除後「FXトレード情報サイト」あてに「DaysPoint」と送ってください。

 

こちらで確認ができましたら、インジケーター「DaysPoint」のダウンロードパスワードをLINEでお送りいたします!

 

ダウンロードする際の注意点

 

❶ダウンロードしたインジケータによって起きたいかなる不都合に対しても当方では何ら責任を負いません。

❷プログラム改変等についてのお問い合わせは一切お受けしていません。

❸このインジケーターは素人が個人的に使用する目的で作ったものです。不具合の起きる可能性があることを承知の上、ご利用ください。

以上に同意の上、ご使用ください。

ありがとうございました。