FXでダイバージェンスを活用したサインインジケーターとは?使い方や設定方法、無料ダウンロード方法を解説!

 

どうもバカポンドです。

みなさんは普段のトレードでサインインジケーターを使用していますか?

FXトレードを効率化するためにサインインジケーターは数多くあります。

 

今回はRSIのダイバージェンスを活用したサインインジケーターになります。

この記事を読んでいるあなたも、RSIのダイバージェンスをエントリーの根拠としている方もいるかもしれません。

今回はなんと、そのRSIダイバージェンスのオリジナルサインインジケーターを開発いたしましたので、その紹介記事(無料プレゼント)になります。

その名も「RSI-Diversign」というサインインジケーターです。

今回、FXトレードで有効に使用できるインジケーターを読者の方に向けて、なんと無料配布させていただきますので、ぜひ最後まで読んでいただければと思いますm(__)m

 

そもそもダイバージェンスって何?という方でもわかりやすいように、ダイバージェンスの概要についても詳しく紹介していきます。

 

ダイバージェンスの概要と使い方をおさらい!

 

まずはダイバージェンスとは何か?おさらいしていきましょう。

ダイバージェンスとは簡単に言うと、価格の動きとオシレーター系インジケーターの動きが一緒でない状態を言います。

主にトレンドの力が弱まっているときのサインとして使われることが多いです。

 

具体的に言うとこんな感じですね。

  • 安値を下に更新しているのに、オシレーターが上に逆行している時
  • 高値を上に更新しているのに、オシレーターが下に逆行している時

 

↑は安値を下に更新しているのに、オシレーターが上に逆行している時ですね。

安値を切り下げて下降の勢いが強いように思われますが、RSIの値は切り上がっています。

このような現象が起きている場合は下降の勢いがあまり強くなく、上昇転換しやすいという特徴があります。

反対も見ていきましょう。

↑は高値を上に更新しているのに、オシレーターが下に逆行している時ですね。

この場合は上昇の勢いが弱まり、下降転換しやすいという性質があります。(チャートではそのまま上昇しているので、転換しやすいという意味です。)

 

ダイバージェンスはトレンド転換を示唆するサインのため、

  • 順張りエントリーの利確ポイント
  • 逆張り手法のエントリーポイント

としてよく使われております。

 

あくまでダイバージェンスのみでエントリーというのは根拠が薄いため、ほかの根拠と組み合わせるのが勝率を高めるポイントです。

以下の記事でも紹介をしているのでご参考に!

FXでRSIとMACDのダイバージェンスを利用した攻略手法とは?勝率を上げる方法を解説!

 

ダイバージェンスを活用したオリジナルインジケーターとは?

 

ダイバージェンスを活用したオリジナルのインジケーターはあるのでしょうか?

 

調べてみたところ

  • RSIのダイバージェンスのインジケーター
  • CCIのダイバージェンスのインジケーター
  • MACDのダイバージェンスのインジケーター

などのインジケーターが出てきました。

 

無料のインジケーターがほとんどでしたが、海外のサイトで使い方や設定方法が分かりづらく、難しい印象を受けるものが多かったです。

さらにデフォルトの設定だとサインが出るタイミングが遅かったりと、設定が難しいなと感じてしまいました・・・

 

さらにRSI、MACD、CCIどのオシレーターのダイバージェンスを見るのが一番いいの?

と疑問を持つ方もいると思います。

 

価格の動きとオシレーター系インジケーターの動きが逆行している現象をすべてダイバージェンスといいますが、特にRSIのダイバージェンスはとても意識されております。

ですので特別な理由がなければ、RSIのダイバージェンスを見ているのが一番確実です。

設定が簡単で、RSIのダイバージェンスを自動で検知できるインジケーターがあれば便利ですよね?

 

そこで弊サイトでは、「ダイバージェンスが起こった瞬間に矢印サインを出す」というシンプルなインジケーターを作成しました!

設定方法も単純ですが、ロジックによってサインの位置や設定の変更もできるようになっております。

ダイバージェンスが起こった瞬間に矢印で通知をするように作成いたしました。さらに過去チャートでの検証も可能です。

 

RSI-Diversignを使うことでトレンド転換のサインをいち早くゲットすることができるためトレードがとても便利になることでしょう!

 

RSI-Diversignの概要

 

RSI-Diversignは、名前の通りRSIがダイバージェンスを起こしたときにサインを鳴らすインジケーターです。

ダイバージェンスはトレンド転換を示唆する現象のひとつですね。

ですが、相場にはダイバージェンス以外にも見るべきポイントがたくさんあります。

『RSIダイバージェンスが起こったときに視覚的に分かるインジケーターがあれば、他の要素を見る余裕ができるのではないか?』

そんな思いから開発したのがRSI-Diversignになります。

 

システム的にはとてもシンプルです。

パラメーターで指定した期間内での高値安値を取得し、その時のRSIの値を取得し、その高値安値を更新した時のRSI値と比較しダイバージェンスが起こっていたらサインという感じです。

正確にダイバージェンスと決めるには少し早いのですが、ダイバージェンスの予兆をインジケータによって視覚的にサインを出しているイメージです。

 

サインが出たら必ずエントリー、利確というわけではないですが、順張りエントリーをしようと思った時にサインが鳴ったりした場合は、一瞬エントリーを考えた方がいいかもしれません。

トレンド時、これからトレンド転換するかも??

と頭に入れておくために自動化したツールですので、ぜひ有効活用していただければと思います。

 

RSI-Diversignの設定について

 

それではRSI-Diversignの設定方法を説明していきますね。

パラメーター

 

・ブレイク対象範囲

こちらで設定した本数分の高値安値を取得し、その高値安値を超えた時RSIがダイバージェンスを起こしたらサインという意味です。初期設定では100になっているため過去100本分の高値安値と今の値を比較していることになります。

・サイン位置調節機能

時間足や動作環境により、矢印サインの位置が変わってしまうため調節できるようにしました。数値が小さくなればなるほどサインの位置がローソク足に近づき、数値を大きくすればするほどローソク足から離れた位置にサインが表示されます。

・縦線表示

ブレイク対象範囲の位置に縦線を引くことにより、視覚的にどの範囲の高値安値を取得しているのかわかります。必要な場合はtrue、不要な場合はfalseを選択してください。

・RSI期間

ダイバージェンスを判断するRSIの期間を設定できます。

・RSI上ライン

RSIが○○以上の時、ダイバージェンスが起こったときにLowサインを出すか設定できる機能です。

・RSI下ライン

RSIが○○以上の時、ダイバージェンスが起こったときにHighサインを出すか設定できる機能です。

・RSIダイバー位置○○本前~

ダイバージェンスを判断する高値安値位置を、何本前からにするか設定できます。

色の設定

 

0→上矢印

1→下矢印

になります。色だけでなく大きさも変更可能です。

 

RSI-Diversignの使い方について

 

 

RSI-Diversignは上で説明した、ブレイク対象範囲とRSIの期間を入力するだけで、高値安値を更新した時にRSIの値が更新しないで確定した次の足にサインが出ます。

・トレンド転換の確認材料

・順張りエントリー時の懸念点

・利確時の判断材料

などなどいろんな場面で使えると思います。

 

また縦線表示をtrueにすることで、

直近高値安値の位置に黄色い縦ライン

直近高値安値をブレイク後ダイバージェンスが起こった位置に赤い縦ライン

が引かれるため、どこを基準にダイバージェンスが起こっているのかもわかりやすくなっております!

 

ダイバージェンス単体で売り買いを決めてしまうのはダマしが多く危険のため、ほかの根拠と組み合わせてエントリーをするようにしましょう。

自動的に根拠の1つをインジケーターで出してくれるため、僕も実際に使っています。

ぜひ皆さんもRSI-Diversignを活用してみてください!

 

RSI-Diversignを無料でダウンロードするには?

 

それではここまでお読みいただいた方へプレゼントとして、「RSI-Diversign」のダウンロード方法についての紹介です!

他にはないようなクオリティーの無料インジケーターですので、ぜひダウンロードして実際にお試しくださいm(__)m

なお、他の記事においても、様々な無料インジケーターを配布しておりますので、気になる方はそちらもぜひチェックしてみてください!

 

1.詳細ページを確認する

2.LINE@「FXトレード情報サイト」を友達追加

3.毎日(7日間の間)無料メール講座が届き、インジケーター取得のためのURLも届く。

4.RSI-Diversignを無料でGETする

 

ダウンロードする際の注意点

 

❶ダウンロードしたインジケータによって起きたいかなる不都合に対しても当方では何ら責任を負いません。
❷プログラム改変等についてのお問い合わせは一切お受けしていません。
❸このインジケーターは素人が個人的に使用する目的で作ったものです。不具合の起きる可能性があることを承知の上、ご利用ください。

以上に同意の上、ご使用ください。

ありがとうございました。