FXで移動平均線(MA)を複数時間足で分析して順張りタイミングを知らせるサインインジケーターとは?使い方や設定方法、無料ダウンロード方法を解説!

 

どうもバカポンドです。

移動平均線(MA)はもっともポピュラーでわかりやすいテクニカル分析法ですが、普段みなさんはどのように使用していますか?

トレーダーの取引手法によって、様々な応用が利くテクニカル分析ですので、移動平均線だからこういった手法…といったものはなく、肝心なのは「どう使うか」だと思います。

一つのテクニカル分析法でも実は様々な使い方があるのです。

基本的に有効とされる手法は幅広く覚えておき、その手法を武器として持っておくと、様々な場面で活用できることがありますのでMT4に初期導入されているインジケーター、オシレーターなどは普段から触っておくことをおすすめします!

「移動平均線」という言葉は知っているけど、実際にどう使えばよいかわからないという方は、この記事でも概要について触れておりますので、ぜひ頭に入れておきましょう!

過去の記事でも様々なインジケーターや用語についての解説がありますので、ぜひそちらもご参照ください。

そして、今回もオリジナルのインジケーターを開発しましたので、読者の方限定で無料ダウンロードとさせていただきます!

ダウンロード方法については、記事の最後のほうに記載しておりますので、ぜひ最後まで読み進めていただければと思いますm(__)m

※他の記事でもインジケーターの無料ダウンロードを行っていますので、興味のある方は覗いてみてください!

 

移動平均線の概要と使い方をおさらい!

 

 

まずは、移動平均線(Moving Average)について簡単に説明させていただきたいと思います。

MAとも呼ばれるのは、「Moving Average」のイニシャルを取っているからということですね!

現在上の画像の中には、2本の移動平均線が表示されていますが、それぞれの移動平均線は若干違う動きをしています。

これは、それぞれの移動平均線の取得している期間に違いがあるからです。

期間は「14」や「20」など用途によって変更していくものです。

デフォルトでは「14」などが入っていることが多いです。

文字通り、移動平均線とはその期間の平均を計算し表示しているラインのことですが、2つの移動平均線を使ったテクニカル指標としては、2ラインがクロスしたタイミングをみるということが有名です。

これは「ゴールデンクロス」や「デッドクロス」などと呼ばれ、このクロスポイントがあると、チャートのトレンド方向が変わります。

そのため、このポイントを狙って逆張りエントリーをするという手法が有名です。

他にも、これを応用した手法は数多く存在しています。

 

移動平均線を活用したオリジナルインジケーターとは?

 

移動平均線を使用したインジケーターは数多く存在します。

よくみるインジケーターで使いやすそうなものを挙げると…

「ゴールデンクロス・デッドクロスポイントでサインアラートを鳴らすインジケーター」などがあります。

使ったことがあるという方も多いのではないでしょうか?

無料インジケーターでも配布されているとことがある様子ですね!

他にも様々なインジケーターが存在していますが、使いたいインジケーターに限って説明書きが少なかったり、使い方が曖昧ということがあります。

今回こちらで開発したサインインジケーターは、簡単に使える押し目買いにも有効なサインインジケーターです!

「MA-Along」という名前を付けさせていただきました。

 

MA-Alongの概要

 

 

「MA-Along」を起動すると上のような表示になります。ここではパラメーターはいじっていません。

みてわかるように、上昇トレンド中にいくつかサインがでていますね!

ここでは押し目買いを狙えるポイントが多数確認できます。

機能は単純ではありますが、移動平均線にチャートが触れたタイミングでサインを出します。

上から下に向けてタッチした時は上サイン、下から上に向けてタッチした時は下サインを出すことができるというものです。

インジケーターを適用すると、過去のローソク足にサインがでますが、リアルタイムで使用することも可能ですので、起動いただき待っているとサインが表示されます。

そのときにはアラートもなるようになっていますので、他のウィンドウを立ち上げていても安心です。

基本的な使用場面としては、このようなトレンドが発生している時に使用すると効果的なインジケーターです。

逆にレンジ相場などで使用することには向いていないので注意しましょう。

 

MA-Alongの設定について

 

 

今回のインジケーターについては、基本的に設定はこのままでOKです!

インジケーターを立ち上げた段階で上の画像と同じ設定になっていますので、ご安心ください。

「H1期間」は移動平均線の期間を選べますのでお好みのものをお使いいただければと思います。

 

サインの位置調整は数値を大きくすればするほどサインの位置がローソク足から離れて、小さくすればローソク足にサインが近づきます。

色の設定などはお好みで行っていただければと思います。

0→上矢印

1→下矢印

2→移動平均線

です。色と太さ大きさが変更できるため、使ってみてください。

MA-Alongの使い方について

 

インジケーターを立ち上げるとデフォルト設定でこのようになります。

「MA-Along」の活用するべきポイントは、「トレンド相場の中」です。

先ほどのご説明したように、レンジ相場の時にはあまり有効ではありません。

画像左側に少しレンジっぽくなっている箇所がありますが、目安になりにくいサインが出ています。

レンジが続いている時にはルックし、トレンドが出来たかなというタイミングからサインを意識すると良いでしょう。

移動平均線は取得する期間が長いほど正確性を増しますので、出来るだけ長い時間足でみることがオススメです。

ポジションを決済するタイミングはそれぞれになりますが、長期的なトレードよりは短期トレード(スキャルピング)で
手堅く稼ぐのが個人的にはおすすめです。

また、シンプルで効果的なインジケーターですので、他のインジケーターと組み合わせて使ってみるのも良いと思います。

複数のエントリーポイントをみて、同時にエントリーとなる箇所を探して検証をしてみるのも効果的です。

過去のチャートで試してみて、狙ったポジションを持つことが出来るようになったらリアル口座で実際に使用してみるという具合に、最初は練習から始めてみましょう!

また、ほかにもこんな機能があればうれしいという声や、こんな機能のインジケーターが欲しいけど、ネットで探しても見つからないなどという声は、インジケーターを作成するうえで意見として取り入れさせていただきますので、LINE@の公式アカウントなどからお問い合わせいただくと幸いですm(__)m

 

【応用編】トレードに活かすなら?

 

MA-Alongをトレードに活かすならパーフェクトーオーダーが起こっている時、その波に乗るイメージでエントリーをしていくのが一番おすすめです。

 

パーフェクトオーダーとは相場の向きが強いことを示唆するサインです。

 

  • 移動平均線が上から長期中期短期と並んでいる時上昇のパーフェクトオーダー
  • 移動平均線が上から短期中期長期と並んでいる時下降のパーフェクトオーダー

 

上の写真では上昇のパーフェクトオーダーのため上矢印が出た時のみエントリーがいいです。

パーフェクトオーダー=上昇が強いことを示唆するためこの場合の買いエントリーは勝率が高いです。

 

売りエントリーの場合は全く逆で下降のパーフェクトオーダーができている時に下矢印で売りエントリーです。

 

逆にエントリーを控えた方がいい相場はどのような時か?

上の写真の左下のような形の時です。

移動平均線がごちゃごちゃしているのがわかりますか?

このような形の時はレンジ相場であり、サインが出てもどちらに行くかわからないためスルーを推奨します。

 

MA-Alongはシンプルながらも活用すれば非常に強いインジケーターのため、あなたも実際のチャートで検証してみてはいかがでしょうか?

 

MA-Alongを無料でダウンロードするには?

 

1.詳細ページを確認する

2.LINE@「FXトレード情報サイト」を友達追加

3.毎日(7日間の間)無料メール講座が届き、インジケーター取得のためのURLも届く。

4.MA-Alongを無料でGETする

ダウンロードする際の注意点

 

❶ダウンロードしたインジケータによって起きたいかなる不都合に対しても当方では何ら責任を負いません。
❷プログラム改変等についてのお問い合わせは一切お受けしていません。
❸このインジケーターは素人が個人的に使用する目的で作ったものです。不具合の起きる可能性があることを承知の上、ご利用ください。

以上に同意の上、ご使用ください。

ありがとうございました。